Toyota City, Japan, Feb 19, 2021 - (JCN Newswire) - トヨタが会員として参画する「中部圏水素利用協議会」(以下、協議会)は、2020年3月の設立以降、中部圏における水素の大規模実装と安定的な利用のためのサプライチェーン構築を目指して設立され、具体的な取り組みについて検討を進めて参りました。

設立以降これまでに、中部圏の産業各セクターにおける水素需要ポテンシャルの試算、海外からの水素受入れ~需要地までのサプライチェーン、切替可能な水素コストの検証等を実施しました。

このほど、2030年を当面のマイルストーンとした検討結果『中部圏における2030年に向けた水素大規模利用の可能性検討結果と今後の取り組み』がまとまりましたのでご報告します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/34806052.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「中部圏水素利用協議会 活動報告