TOKYO, Jan 12, 2021 - (JCN Newswire) - ソニーは、2021年1月11日から14日にオールデジタルで開催されるCES 2021に「未来を再定義するテクノロジー」をテーマに出展します。 

ソニーはリアリティ(Reality)、リアルタイム(Real-time)、リモート(Remote)を追求する「3Rテクノロジー」によって、人々にエンタテインメントの感動とそれを支える安心を届けることで新たな価値創出を目指しています。今回の出展は、「3Rテクノロジー」を用いた、創造力を広げるコンテンツクリエーションや、超臨場感エンタテインメント体験、そして、より良い未来に貢献するテクノロジーに関する12のトピックスによるコンテンツで構成しています。

出展にあたり公開されたコンテンツで、ソニー株式会社 会長 兼 社長 CEOの吉田憲一郎は、PlayStation(R) 5やVISION-S、Airpeak等を紹介し、「ソニーのテクノロジーで、クリエイティビティに無限の可能性をもたらす」と述べました。次にソニー・ピクチャーズエンタテインメント テクノロジーデベロップメント EVP 兼 CTOのビル・バグラーが、3D空間キャプチャによるバーチャルプロダクション技術やBRAVIA XR等を紹介しました。そして、ソニー・インタラクティブエンタテインメント 社長 兼 CEOのジム・ライアンが、「プレイステーション(R)のコミュニティは、かつてないほどネットワークでつながり、多様化しています。私たちはコミュニティを構成する様々な視点や嗜好を尊重します」と語りました。最後に、ソニー・ミュージックエンタテインメント グローバルデジタルビジネス・USセールス担当社長のデニス・クッカーが、アーティストと最新テクノロジーのコラボレーションを紹介しました。

なおこれらのコンテンツは、ソニーが新設したオンラインプラットフォーム「ソニースクエア」で公開します。ソニースクエアではCES 2021を皮切りに、ソニーグループの製品やサービス、コンテンツ、テクノロジーに関するデジタルイベントコンテンツを今後幅広く展開していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/202101/21-002/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「ソニー、CES 2021に未来を再定義するテクノロジーをテーマに出展