TOKYO, Dec 25, 2020 - (JCN Newswire) - 日本電気株式会社(注1、以下 NEC)は、社会福祉法人聖隷福祉事業団総合病院聖隷浜松病院(注2、以下 聖隷浜松病院)に顔認証を活用した入出管理システムを提供しました。聖隷浜松病院は、総合周産期母子医療センター(注3)を対象に2021年1月から本システムの運用を開始します。

聖隷浜松病院は、静岡県西部地区の総合周産期母子医療センターに指定されており、母体・胎児集中治療室(MFICU・15床)や新生児集中治療室(NICU・21床)、新生児回復室(GCU・20床)を有します。

聖隷浜松病院では、新生児の連れ去りを防止するため、従来は患者さんやご家族にICカードを配付し入室管理をしていました。しかし、ICカードの不正入手や回収漏れ等による紛失が懸念されるほか、患者さん側はICカードの管理負担が生じること、病院側はICカードの登録作業が煩雑なことが課題とされていました。また、昨今の新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、感染管理の視点からも衛生的な仕組みが求められています。

NECと聖隷浜松病院は、これらの課題を解決するため、NECの生体認証「Bio-IDiom」(注4)の中核技術であり、世界No.1の認証精度(注5)を有する顔認証技術を活用し、安全で利便性が高く、衛生的な入室管理を実現します。

患者さんやご家族は、事前に顔情報を登録することで、病棟やNICU、GCUに入ることが可能となります。登録した本人以外は入ることができないため、ICカードの不正入手によるなりすましや新生児の連れ去りを防止できます。またICカードの紛失リスクや管理負担を軽減しつつ、スムーズに入室することができます。

なお、本システムは、顔情報の使用に同意し登録した患者さんおよびご家族のみが利用でき、同意を得ていない患者さんやご家族の顔情報保持、および顔の照合を行うことはありません。

本システムは、NECの電子カルテシステムMegaOakシリーズ(注6)との連携が可能です。電子カルテシステムの患者情報に入室可能なご家族の顔情報を登録することで、ご家族が入室できる病棟の自動設定や、電子カルテシステムに入力された入退日情報から入室できる期間の自動設定ができます。これにより、入室権限変更の漏れやタイムラグをなくし、より安全・安心な入室管理を実現します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202012/20201225_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「NECと聖隷浜松病院、周産期病棟における入室管理に顔認証を活用