TOKYO, Nov 4, 2020 - (JCN Newswire) - NECは、楽天モバイルが11月9日より開始する「AIかんたん本人確認(eKYC)」向けに、顔認証を活用した本人確認サービス「Digital KYC」を提供します。これにより、楽天モバイルで新規に携帯電話での音声通信サービスの契約を行う場合に必要となる本人確認が、オンライン上で迅速かつセキュアに完結します。

通信事業者は、携帯電話不正利用防止法に基づき、携帯音声通信役務に際しては契約者の本人確認が義務付けられています。これまで非対面での契約の場合は、身分証明書の画像アップロードを行った後に記載の住所へ転送不要の書留郵便等を送付、または事前に書類をアップロードすることなく商品配達時に所定の書類の提示をもって本人確認を行っていました。本年4月に同法施行規則が改正されたことを受け、郵送等を介さない携帯電話事業者が提供するソフトウェアでの撮影による本人確認が認められました。

今回、NECはDigital KYCのソフトウェアキット「Digital KYC SDK(Software Development Kit)」を楽天モバイルのスマートフォン向けアプリの 「my楽天モバイル」に組み込みました。NECは子会社であるNetcracker Technology(注1)の製品を活用して、ビジネス支援システム(BSS:Business Support System)を同社に納入しています。このBSSと「Digital KYC」の連携により、スマートフォン向けアプリの「my楽天モバイル」で顔と本人確認書類(運転免許証、注2)を撮影することで、顔認証による本人確認が可能となります。非対面での本人確認を迅速かつセキュアに実現し、新規契約者の利便性が向上するだけでなく、ユーザ体験のデジタル化とパーソナライズ化に貢献します。

「Digital KYC SDK」は、NECの生体認証「Bio-IDiom」(注3)の中核技術であり、世界No.1の認証精度(注4)を有する顔認証AIエンジン「NeoFace」(注5)と、なりすまし防止技術を活用しており、本人以外による不正利用のリスクを低減します。

また、eSIM(注6)に対応したスマートフォンにおいては、SIMカードの発送を待つことなく契約から利用開始までオンライン上で完結するため、SIM契約にかかる事務手続きの負担や時間の削減が可能です。なお、今後はNFC搭載のスマートフォンやタブレット端末を用いた本人確認書類のICチップ読取にも対応予定です。

NECは、2020年度までの3カ年の中期経営計画「2020中期経営計画」のもと、ネットワークの強みを活かした新たな領域におけるサービス事業を推進しています。「Digital KYC」の提供を通じて、ネットワークを柔軟に活用し、人・モノが生み出すデータを産業の枠を超えて賢くつなぐ 「NEC Smart Connectivity」(注7)の提供を加速し、新たな社会価値を創造していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202011/20201104_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「NEC、楽天モバイルに本人確認サービス「Digital KYC」を提供し、新規契約時に必要な本人確認をオンラインで迅速化