TOKYO, Sep 7, 2020 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、Meiji Seikaファルマ株式会社(本社:東京都、以下 Meiji)からパーキンソン病治療剤「エクフィナ(R)錠50mg」(一般名:サフィナミドメシル酸塩、以下「エクフィナ」)の日本における製造販売承認を9月23日付にて、承継することとなりましたので、お知らせします。

「エクフィナ」は、日本では、Meijiが臨床試験を実施して2019年9月に製造販売承認を取得し、当社が販売元として独占的に販売してきました。このたび、両社によるライセンス契約に基づき、当社が製造販売承認をMeijiから承継することになりました。当社は日本における本剤の製造販売元として、引き続き本剤に関する適正使用情報を提供していきます。

「エクフィナ」は、日本において、Meijiが開発した1日1回経口投与のパーキンソン病治療剤です。モノアミン酸化酵素B(MAO-B)の選択的かつ可逆的な阻害作用により、内因性およびレボドパ含有製剤由来のドパミン脳内濃度の維持を助けます(ドパミン作動性作用)。また、電位依存性ナトリウムチャネル阻害作用を介した脳内グルタミン酸放出抑制作用(非ドパミン作動性作用)を併せ持っています。レボドパ含有製剤で治療中のパーキンソン病患者様を対象とした国内臨床試験において、症状が抑えられている時間(オン時間)の1時間以上の延長や運動機能の改善が認められており、wearing off現象の改善効果が期待されています。

当社は、日本におけるパーキンソン病治療の新たな選択肢である「エクフィナ」を引き続きお届けすることにより、パーキンソン病患者様が自らの意思で自由に活動できる時間を増やし、患者様のQOL向上とご家族のいきいきとした日常生活の創出に向け、より一層貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2020/news202053.html

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「エーザイ、パーキンソン病治療剤「エクフィナ(R)錠50mg」(一般名:サフィナミドメシル酸塩)の日本における製造販売承認をMeiji Seikaファルマ株式会社から承継