ティーケーピー<3479>は3日、経済同友会と協力し、経済同友会会員所属企業向けに新型コロナウイルスの職域ワクチン接種(3回目)の会場を28日より提供し、運営に協力することを発表した。

同社は、1回目・2回目接種と同様に、接種会場の手配をはじめ、必要備品の手配、運営サポートを行う。今回はそれに加え、当日接種券を持参することで、予診票の回収、保管、仕分け、発送業務の事務作業を同社にて対応する。

TKPと経済同友会は、昨年6月から8月にかけて、会員所属企業の社員・家族を対象に東京都内の複数拠点にて職域接種を行い、200社・5万人が1回目・2回目のワクチン接種を完了した。


<ST>