yahoo

USEN-NEXT HOLDINGS---環境問題や社会課題解決推進のための4つのマテリアリティを策定

2021.12.09 11:58
rss FISCO
マネー
コメントする

USEN-NEXT HOLDINGS

<

9418>は8日、「未来を今に近づける“ソーシャルDX”カンパニー」として、事業活動を通じ、環境問題や社会課題の解決に向けた取り組みを推進していくために、優先的に取り組むべき重要課題として4つのマテリアリティを策定したことを発表した。

今回策定したマテリアリティは、「1.環境負荷の低減と循環社会への貢献」「2.イキイキと働ける環境による、すべてのステークホルダーとの共栄」「3.変化・進化をし続ける、健全で透明性の高い経営」「4.テクノロジーで人々を、街を、社会を幸せに」の4つ。
同社は、これまでも、「必要とされる次へ。」をコーポレートスローガンに、社会への価値提供、企業価値の向上に努めてきた。環境問題や社会課題が深刻化する中で、サステナビリティを重要なテーマと捉え、2021年8月よりサステナビリティ推進室及びサステナビリティ委員会を新設し、体制を強化してきた。
同社は今後、事業戦略や意思決定において、本マテリアリティを重要な要素として位置付け、また、具体的なアクションプランを定め活動を実施する。社会をより良く変革していくため、サステナブルな企業成長とサステナブルな社会の実現を目指し、グループ一丸となって取り組みを推進していくとしている。
<ST>
\ この記事をシェア /
Facebook    Twitter
おすすめ関連記事
アクセスランキング
  • 日間
  • 週間
  • 月間