霞ヶ関キャピタル<3498>は28日、千葉県船橋市の販売用不動産について、売却決済したと発表した。
物件の所在地は千葉県船橋市で、3,736平方メートルの物流施設用地。売却先は、Brookfield Asset Managementが運用するグローバルプライベート不動産ファンドが本案件を目的に組成した船橋ロジスティクスデベロップメント特定目的会社。売却価格は非公開だが、同社の2020年8月期における売上高の10%に相当する額以上としており、売上については2021年8月期連結業績予想に織り込み済となっている。


<ST>

情報提供元 : FISCO
記事名:「 霞ヶ関キャピタル---販売用不動産の売却決済を発表