ツルハHD<3391>は伸び悩んでもみ合い。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は152億円で前年同期比20.1%増益、市場予想は15億円程度上振れたとみられる。通期計画の452億円に対する進捗も順調。ただ、在宅率の高まりによる販売増加への期待もあったことで、大きなサプライズとは受け止められていない。今後は増税前の駆け込み需要など前年のハードルが高まることを警戒する動きなどもあるようだ。株価は後場にはマイナスに転じている。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「ツルハHD---伸び悩んでもみ合い、第1四半期上振れ決算もサプライズ限定的