トヨタ自<7203>は堅調。クレディ・スイス証券では投資判断を「ニュートラル」から
「アウトパフォーム」に格上げ、目標株価も7000円から8800円に引き上げている。電動車の本格普及期に入るなかで、同社の優位性を評価としているもよう。パートナーとの協業によるEV展開やFCEV技術開発、サプライチェーンの囲い込み加速化などで、同市場において競合他社を引き離す準備は整いつつあるとの見方。業績回復の確度の高まりも短期カタリストとしている。
<HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「トヨタ自---堅調、電動車市場での優位性評価で欧州系証券が格上げ