日本再生可能エネルギーインフラ投資法人<9283>は14日、2020年7月期(20年2月-7月)決算を発表した。営業収益が前期比0.7%増の16.20億円、営業利益が同7.9%減の4.16億円、経常利益が同8.5%増の3.20億円、当期純利益が同8.5%増の3.19億円となった。

2020年7月期は、予想売電収入額に対し実績売電収入額は98.4%と予想値を下回る結果となった。九州電力<9508>が九州本土に所在する再生可能エネルギー発電設備に対し出力制御を従来より多く実施し、本投資法人が保有する九州電力管内8発電所が対象となったことが予想値を下回る要因の一つとなっている。しかし、投資口1口当たりの分配金(利益超過分配金を含まない。)は2,020円、利益超過分配金は1,180円で合計3,200円の分配金となり、予想分配金と同額となった。なお、2020年3月24日付で東急不動産とスポンサーサポート契約を締結した。

2021年1月期の運用状況の予想については、営業収益が前期比0.1%増の16.22億円、営業利益が同3.9%減の3.99億円、経常利益が同8.1%減の2.94億円、当期純利益が同8.1%減の2.93億円を見込んでいる。また、1口当たり分配金(利益超過分配金を含む)は3,200円としている。


<ST>

情報提供元:FISCO
記事名:「日本再生可能エネルギーインフラ投資法人---20年7月期の分配金は3,200円、東急不動産とスポンサーサポート契約締結