フリービット<3843>は8日、法人向け接続サービス「M-Plus!」において、SD-WAN(Software Defined Wide Area Network)技術を活用した次世代型WANサービス「M-Plus! SD-WAN」を開発した。

これによりアプリケーションレベルでのWANの効率化を可能にし、128Technologyの最新のルーティング技術「Secure Vector Routing」を採用することで、セッション単位での高度なセキュリティ制御及びネットワーク全体のセキュリティをインターネット上で実現できるようになる。なお、アクセス回線は、既存のネットワーク環境がそのまま利用できるとしている。

同社は今後、海外拠点への対応も視野に入れているとしている。



<SF>

情報提供元 : FISCO
記事名:「 フリービット---次世代型WANサービス「M-Plus! SD-WAN」を開発