yahoo

NY為替:米国は休日のため、主要通貨の為替取引は動意薄

2022.06.21 06:23
rss FISCO
マネー
コメントする

20日のニューヨーク市場は、米国が「ジューンティーンス独立記念日」の振替休日となるため、主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続いた。米国金利の先高観は後退していないため、ドル・円は底堅い値動きとなり、134円86銭から135円15銭まで買われており、135円10銭で取引終了。

ユーロ・ドルは、伸び悩み。ユーロ圏経済の停滞が警戒されており、1.0542ドルまで買われた後、一時1.0498ドルまで下げており、1.0510ドルで引けた。ユーロ・円は141円83銭から142円35銭まで上昇したが、取引終了時点にかけて伸び悩んだ。ポンド・ドルは、伸び悩み。1.2271ドルから1.2226ドルまで弱含み。ドル・スイスフランは、0.9652フランから0.9690フランまで上昇した。
<MK>
\ この記事をシェア /
Facebook    Twitter
おすすめ関連記事
アクセスランキング
  • 日間
  • 週間
  • 月間
おすすめ