NY外為市場では金融市場への警戒感が後退し、リスク選好の円売りが優勢となった。ドル・円は129円35−40銭で高止まり。ユーロ・円は133円60銭から134円75銭まで上昇、ポンド円は157円00銭から158円47銭まで上昇し、それぞれ日中高値を更新した。
金融市場への懸念で昨日大きく崩れた暗号資産市場は回復。株式相場も反発した。

ダウ平均株価は200ドル超高。ビットコインは再び3万ドル台を回復した。

<KY>

情報提供元 : FISCO
記事名:「 NY外為:リスク選好の円売り、暗号資産市場や株式市場回復で安心感