25日の日経平均は反発した。ローソク足は小陽線の胴体の短いコマを示現し、29500円付近での売り買い拮抗状態を窺わせた。株価下では25日移動平均線が緩やかに上昇しているが、上ヒゲは下降中の5日線に届かず、下値の堅さと上値の重さをともに再確認した格好。一方、TOPIXは連日の25日線割れで、本日は25日線がわずかに下向きで引けており、下押しリスクへの留意が必要となろう。 <FA>

情報提供元 : FISCO
記事名:「 日経平均テクニカル:反発、「コマ」が売り買い拮抗を示唆