22日午後の東京市場でドル・円は下げ渋り、110円10銭台で推移する。東京市場の休場により様子見ムードが広がるなか、積極的な売り買いは手控えられている。一方、米株高観測でドル・円が110円台を維持しており、クロス円は底堅い値動きが続く。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円08銭から110円30銭、ユーロ・円は129円77銭から130円14銭、ユーロ・ドルは1.1788ドルから1.1800ドル。


<TY>

情報提供元 : FISCO
記事名:「 東京為替:ドル・円は下げ渋り、材料難で様子見