12日午後の東京市場でドル・円は108円80銭台と、変わらずの値動き。ドルは米株式先物の大幅安でリスクオフの買いが入りやすいほか、米金利高による買いも続く。一方、日経平均株価は下げ幅縮小で28000円台を回復し、過度な円買い一服でドルはサポートされた。


ここまでの取引レンジは、ドル・円が108円59銭から108円90銭、ユーロ・円は131円86銭から132円10銭、ユーロ・ドルは1.2115ドルから1.2151ドル。


<TY>

情報提供元 : FISCO
記事名:「 東京為替:ドル・円は変わらず、過度な円買いは一服