22日午後の東京市場でドル・円はしっかりとなり、103円70銭付近に値を上げている。前日買われた欧州通貨が売られているもようで、ユーロ・ドルの下落にドル・円は押し上げられた。16時に発表された英国の小売売上高の低調な内容となり、ポンド・ドルの下落も鮮明に。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円49銭から103円68銭、ユーロ・円は125円90銭から126円10銭、ユーロ・ドルは1.2158ドルから1.2178ドル。

<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円はしっかり、欧州通貨売りで