22日午後の東京市場でドル・円は103円50銭台と、動意の薄い値動きが続く。米大統領就任式や欧州中銀(ECB)理事会など重要イベントの通過に伴い、様子見ムードが広がる。また、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、積極的に動きづらいようだ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円49銭から103円61銭、ユーロ・円は125円90銭から126円06銭、ユーロ・ドルは1.2162ドルから1.2178ドル。

<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は動意薄、イベント通過で模様眺め