日経平均は63円安(14時25分現在)。日経平均寄与度では、ソフトバンクG<9984>、東エレク<8035>、TDK<6762>などがマイナス寄与上位となっており、一方、資生堂<4911>、ネクソン<3659>、信越化<4063>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、鉱業、鉄鋼、保険業、証券商品先物、空運業が値下がり率上位、海運業、石油石炭製品、化学、その他製品、精密機器が値上がり率上位となっている。

日経平均はマイナス圏で次第に底堅い動きとなっている。来週は日本企業の10-12月期決算発表が本格化し、25日には日本電産<6594>の決算発表が予定されている。また、26、27日は米連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれ、これらの結果を見極めたいとする向きもある。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均は63円安、来週の決算発表やFOMCなどにも関心