22日午後の東京市場でドル・円は103円50銭台と、小動きながら底堅く推移する。米株式先物は下げ渋り、日経平均株価の下げ幅縮小により日本株安を嫌気した円買いは抑制されているようだ。ただ、ドルへの売りも継続しており、対円では小幅に値を上げた。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円49銭から103円61銭、ユーロ・円は125円90銭から126円06銭、ユーロ・ドルは1.2162ドルから1.2178ドル。


<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は底堅い、日本株の下げ幅縮小で