13日午後の東京市場でドル・円は103円60銭台と、底堅い値動きが続く。欧米株式先物は堅調地合いを維持し、今晩の株高観測でリスク選好的な円売りに振れやすいもよう。一方、米10年債利回りは戻りが鈍く、積極的なドル買いは入りづらいようだ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円53銭から103円85銭、ユーロ・円は126円44銭から126円76銭、ユーロ・ドルは1.2202ドルから1.2220ドル。

<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は底堅い、欧米株高観測で円売り