NY外為市場ではドル売りが一服した。ドル・円は104円34銭の安値から104円54銭へ戻した。ユーロ・ドルは1.1881ドルの高値から1.1870ドルへ弱含んだ。

ムニューシン米財務長官とペロシ下院議長の米追加経済対策を巡る協議を睨みつつ神経質な動きに朝方100ドル近く上昇したダウ平均株価は下落に転じ80ドル安となった。クドロー国家経済会議(NEC)委員長は協議が楽観的としたが、メドウズ主席大統領補佐官は依然、州・地方政府支援を巡り相違があると言及し、今後48時間が重要だとしており、行方に引き続き注目される。


<KY>

情報提供元:FISCO
記事名:「NY外為:ドル売り一服、ダウ下落に転じる、米追加経済対策協議睨む