ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。英国と欧州連合(EU)の通商交渉は難航しており、英国は通商合意なきEU離脱を選択する可能性が高まっていることから、リスク選好的なユーロ買い・円売りがただちに拡大する可能性は低いとみられる。

【ユーロ売り要因】
・英国は通商合意なきEU離脱を選択する可能性
・ウイルス感染の再拡大懸念
・米中関係の悪化

【ユーロ買い要因】
・米国金利の先高観は一段と後退
・欧州復興基金への期待
・ウイルスのワクチン開発進展

<CS>

情報提供元:FISCO
記事名:「今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆リスク選好的なユーロ買い・円売りがただちに拡大する可能性は低い見通し