NY金先物12月限は反発(COMEX金12月限終値:1963.70 ↑15.80)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は、前営業日比+15.80ドルの1オンス=1963.70ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは、1945.20ドル−1972.50ドル。14日のアジア市場で1945.20ドルから1960.50ドルまで買われた後、ロンドン市場で一時1947ドル台まで下げたものの、ユーロ安は一服していることや米中分断の懸念は消えていないことから、ニューヨーク市場で1972.50ドルまで上昇した。 <CS>

情報提供元:FISCO
記事名:「NY金:反発で1963.70ドル、ユーロ安一服を意識した買いが入る