週明け3日の米国市場では、NYダウが236.08ドル高の26664.40と上げ、ナスダック総合指数が157.52pt高の10902.80で史上最高値を更新。シカゴ日経225先物は大阪日中比295円高の22385と上伸した。4日早朝の為替は1ドル=105円90-00銭(昨日大引け時は105.85円付近)。本日の東京市場では、3日の米国株に連れ高する形でソニー<6758>、トヨタ<7203>など大型輸出株の値上がりが予想され、三菱UFJ<8306>や野村<8604>など金融関連株も総じてしっかりの展開となろう。ただ、新型コロナウイルス感染拡大が引き続き内需株を圧迫し、OLC<4661>やJAL<9201>は弱含みが予想され、原油価格の持ち直しが悪材料になる東電力HD<9501>や中部電力<9502>も売り圧力が高まろう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたエムスリー<2413>、東洋水産<2875>、塩野義<4507>、小野薬<4528>、第一三共<4568>、Zホールディングス<4689>、村田製<6981>、オリンパス <7733>、日本取引所グループ<8697>、SGホールディングス<9143>、KDDI<9433>、トランスコスモス<9715>などに注目。 <US>

情報提供元:FISCO
記事名:「個別銘柄戦略:トランスコスモスやエムスリーに注目