13日の上海総合指数は買い先行。前日比0.14%高の3613.281ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時44分現在、0.01%高の3608.627ptで推移している。消費拡大策など景気対策に対する期待の高まりが引き続き指数をサポート。一方、世界的新型コロナウイルス感染の再拡大が引き続き警戒されている。

<AN>

情報提供元:FISCO
記事名:「(中国)上海総合指数は0.14%高でスタート、景気対策への期待が高まる