3日ぶり反発。7月27日につけた1115円をピークに調整を見せていたが、25日線を支持線に下ヒゲを残す格好でリバウンドとなった。一目均衡表では雲上限が支持線として機能しており、遅行スパンは実線を上回っての推移から、上方シグナルを継続。週間形状では上昇する13週線を支持線としたトレンドが続いている。
<FA>

情報提供元 : FISCO
記事名:「 アートスパーク---25日線を支持線に下ヒゲを残す格好でリバウンド