幹細胞治療の市場規模、2027年に5億5800万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「幹細胞治療の世界市場:種類別 (同種、自家)・細胞源別 (脂肪組織由来MSC、骨髄、胎盤/臍帯)・治療用途別 (筋骨格、創傷、手術、心血管、神経) の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を9月28日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1125280-stem-cell-therapy-market-by-type-allogeneic.html
幹細胞治療の市場規模は、2022年の2億5700万米ドルからCAGR16.8%で成長し、2027年には5億5800万米ドルに達すると予測されています。市場成長の主な要因は、幹細胞研究への活発な資金提供、GMP認証を受けた細胞療法生産施設の増加、幹細胞療法に関連する臨床試験数の増加などです。臨床試験数の拡大の急増は、COVID-19の大流行が引き金となっており、SARS-CoV-2感染症の治療における幹細胞療法の可能性を研究する臨床試験が膨大な数に上っています。
牽引要因:幹細胞研究への資金提供の可能性
幹細胞研究への資金提供は、心臓血管、神経、自己免疫疾患を患う患者への新しい治療介入の必要性から、過去数年で強化されてきました。NIHの幹細胞研究資金は2018年に最高値に達し、毎年、前年比5%以上の伸びを示しています。この傾向は、2021年に発表された資金提供イニシアティブの増加により継続すると考えられます。例えば、2021年9月にカリフォルニア再生医療研究所は、心不全、脳卒中、脊髄腫瘍の治療における幹細胞のファーストインヒト試験を開始するため、スタンフォードの研究に対して3100万米ドルの資金提供を認めています。
抑制要因:胚性幹細胞に関する倫理的な懸念
胚性幹細胞(ESC)の治療可能性を探る研究は、ヒト胚の破壊に起因する様々な倫理的問題と関連しています。研究者、科学者、製薬会社などによる胚性幹細胞の研究や開発において、その商業化をさらに促進するためには、規制が複雑な同分野において、連邦政府のガイドラインが必要とされています。
同種幹細胞治療が最大シェアを占める
市場は、タイプ別に、同種幹細胞治療と自家幹細胞治療に分類されます。2021年は、同種幹細胞療法分野が最大シェアを占めました。同種幹細胞療法の開発および製造に関連する合併症が比較的少ないことが、その主な要因となっています。同種幹細胞治療の開発に関する臨床試験の数が増加し、今後も急速に成長することが予測されます。
脂肪組織由来幹細胞分野が支配的
市場は、細胞源別に、脂肪組織由来MSC(間葉系幹細胞)、胎盤・へその緒由来MSC、骨髄由来MSC、その他に分類されます。2021年は、脂肪組織由来幹細胞分野が高い収益シェアを占めました。これは、さまざまな治療適応症で採用が拡大していることに起因しており、簡単な分離手順、採取手順を容易にするために使用される低侵襲性方法、および比較的優れた増殖能力などの利点によって推進されています。
【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1125280-stem-cell-therapy-market-by-type-allogeneic.html
【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:
https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:
https://www.gii.co.jp
【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。
創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:
https://www.gii.co.jp
委託調査:
https://www.gii.co.jp/custom_research/
当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
【画像
https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000267153&id=bodyimage1
配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション
  • プレスリリース詳細へ
  • ドリームニューストップへ
  • Yahoo!で調べてみよう

      Loading...