yahoo

TPCマーケティングリサーチ株式会社、プロテインの摂取実態とニーズについて調査結果を発表

2022.09.20 15:00
rss Dream News
マネー
コメントする
TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=松本竜馬)は、
プロテインの摂取実態とニーズに関する調査を実施、その結果を発表した。
調査結果】
◆今回、プロテインの摂取実態を探るべく、「現在、定期的にプロテイン(アミノ酸や HMB などを含む)を摂取している20~70代の男女1,240人」を対象にアンケート調査を行った。今回は2018年、2020年に続き、3回目の調査となる。
◆その結果、事前調査を行った30,000人のうち、プロテインを現在定期的に摂取している人は13.0%となり、この4年間で7.1pt増加していることがわかった。プロテインを摂取している人は男女問わず全年代で増加傾向にあり、ユーザーは年々拡大している。
◆プロテインの現ユーザー1,240人を対象とした本調査では、こうしたユーザー層の拡大による影響が随所に確認できた。
◆具体的には、まず運動・スポーツを行う目的において、健康関連の項目(健康維持・増進、老化防止、足腰対策、疾病予防など)が2018年から上昇を続けており、プロテインユーザーの運動・スポーツの目的がより健康寄りになってきていることがわかった。
◆続いて、プロテインを摂取するタイミングでは、従来主流であった「運動後」のほかに「朝食時」や「間食時」を挙げる人が増加傾向にあり、運動時以外にも摂取シーンが広がっている様子がうかがえた。また、剤形についても「粉末タイプ」以外に「バータイプ」や「ヨーグルトタイプ」、「菓子タイプ」のプロテインを摂取する人が増えており、より通常の食品形態に近いプロテインが選ばれるようになってきている。
◆さらに、プロテインのブランドについては、ユーザーの拡大を背景に新規参入の動きが活発化しており、2018年から2022年にかけて上位ブランドの顔ぶれが大きく変化。大手メーカーや既存の有名ブランドからの新商品が新たに加わり、カテゴリーや剤形に広がりが出ている。
◆この他、プロテインのユーザーをタイプ別に分類したクラスター分析では、ライトな新規層の増加を背景としたプロテイン上級者クラスターの融合や、スポーツ人口の増加によるクラスターの細分化といった動きがみられ、ユーザーの拡大によるクラスターの再編が進む結果となった。
調査要覧】
調査方法>WEBによるアンケート調査
調査対象者>現在、定期的にプロテイン(アミノ酸や HMB などを含む)を摂取している20~70代の男女1,240人
調査実査日】
2022年7月25日
【画像
https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000266612&id=bodyimage1
<資料名>
2022年 プロテインの摂取実態とニーズ(第3弾)
―ユーザーの拡大により、多様化が進むプロテイン市場―
URL:
https://www.tpc-osaka.com/c/health/cr220220465
発刊日:2022年9月16日   頒価:429,000円(税込)
【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
設立:1991年8月
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよびコンサルティング、調査資料の作成・販売
コーポレートサイト:
http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:
http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110
【本件に関するお問い合わせ】
電話番号:06-6538-5358
メールアドレス:webmarke@tpc-osaka.com
配信元企業:TPCマーケティングリサーチ株式会社
  • プレスリリース詳細へ
  • ドリームニューストップへ
  • \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間