インスタグラム運用1周年記念キャンペーン第二弾 コンパクトで携帯便利なSDGs商品『カトラリーセット』が当たる 抽選で5名様に 6月26日~7月25日

 当キャンペーンでは、環境にやさしい当社製作のオリジナル折りたたみケース付きカトラリーセットを抽選で5名様にプレゼントします。
【画像
https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000262777&id=bodyimage1】
【画像
https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000262777&id=bodyimage2】
■ 環境にやさしい、お出かけに嬉しいコンパクトなケース付きカトラリーケースをプレゼント
 当社は、インスタグラム運用1周年を機に「SNSキャンペーン」を開催。第一弾は、2022年5月25日~6月25日に実施し、『シリコンたわし』をプレゼントしました。応募者からは、「環境に良いものをぜひ使ってみたい」といったコメントを多数いただきました。好評につき、第二弾として『カトラリーセット』のプレゼントキャンペーンを6月26日(日)より開始しました。
 当キャンペーンでは、当社の公式インスタグラムアカウントをフォロー、キャンペーン対象の投稿の「いいね!」するだけで応募が完了。当社製作のオリジナル折りたたみケース付きカトラリーセットを抽選で5名様にプレゼントいたします。コンパクトなボックス設計で、ピクニックやキャンプなど荷物の多いお出かけ時にも嬉しいアイテムです。カトラリーの組み立ては簡単で、ストッパーを上げるだけで、しっかり固定されます。しっかり蓋付きカトラリーケースとセットなので持ち運びやすいのもポイントです。
 2022年4月1日から施行されたプラスチック資源循環促進法により、使い捨てプラスチック製品の使用量を減らす動きが加速しています。コンビニエンスストアや飲食店にて使い捨てスプーンやフォークのようなワンウェイプラスチックの有料化が検討されていますが、環境問題意識が高い企業からは、マイカトラリーをノベルティグッズや販促品にしたいという問い合わせを早くもいただいています。当社では今後需要が高まる持ち運びできるカトラリー製品の取り扱いを開始しました。
 当社はノベルティ製作・OEM生産を手掛けるBtoB企業で、個人消費者に商品を提案する機会がほとんどありませんが、当キャンペーンを通じて、当社のSDGsに関連する商品の良さを実感していただきたいと考えております。
【SNSキャンペーン第二弾の詳細】
■ 期間:2022年6月26日(日) ~ 7月25日(月)
■ 賞品:オリジナル折りたたみケース付きカトラリーセットを抽選で5名様にプレゼント
■ 応募方法:当社の公式インスタグラムのアカウントをフォロー、かつキャンペーン対象の投稿に「いいね」
 公式インスタグラム:
https://www.instagram.com/unifast.co.jp/
■ SDGsを加味した縫製品と成型品をワンストップで提案可能に 独自性で差別化
 当社は、創業から40年以上、企業向けに販促グッズやノベルティの提案・製造をおこない、より企業価値を高める一役を担ってきました。昨今は、環境に配慮したモノづくりでSDGs視点を取り入れた“令和型”ノベルティグッズに注力し、デザインや素材など多方面からSDGsへアプローチできる商品を提案しています。
 当社が開発した「着られるエコバッグ」は、レジ袋削減につながるエコバッグが、応援用ビブスも兼ねており、スポーツとSDGsへの貢献を両立したオリジナル製品です。実用新案権も取得し、大手企業のボランティア活動やプロ野球チーム公式応援グッズとして採用されています。
【画像
https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000262777&id=bodyimage3】
4万点以上の縫製品実績を誇る当社は昨年新規工場の開拓により、成型品のオリジナルノベルティグッズ・販促品の提案が可能になりました。縫製品と成型品の組み合わせをワンストップで提案することにより、ノベルティや販促品にも企業ならではの独自性を出し差別化を図ることが可能です。
 当社は今後も、長く使える高品質な商品の開発という強みを生かし、社会課題や環境問題に向き合い、人々の暮らしに貢献できる企業を目指します。
【ユニファースト株式会社ン位ついて】
”つくりたい”を形にする会社、”つくる”を通して社会に貢献する会社
1981年設立。「”つくりたい”を形にする。”つくる”を通して社会に貢献する。」を経営理念に掲げ、独自の企画力や生産体制により高品質なモノづくりを提供。バッグ、ポーチ、ぬいぐるみの分野では業界のパイオニア的な存在に。2019年からは、モノづくりの知識を存分に活かした自社バッグブランド「svalen」を発売。同年からは環境に配慮したモノづくりにも注力し、SDGsに関心を持つ企業向けの商品開発体制を強化した。日本、中国、ベトナムを生産拠点に、国内各業界のグッズOEMを手掛けている。
会社名 :ユニファースト株式会社
代表者 :代表取締役社長  橋本 敦
所在地 :東京都台東区浅草橋3-4-3 ユニファーストビル
TEL  :03-3865-5031
設立日 :1981年2月13日
資本金 :9,800万円
URL  :
https://www.unifast.co.jp/
事業内容 :各種バッグ、各種ポーチ、販売促進グッズ、ぬいぐるみ、ユニフォーム、エコロジー商品企画、製造及び輸入
【本件に関するお問い合わせ先】
ユニファースト 広報事務局 担当:陸(りく)
MOBILE:080-3435-4054
TEL:03-3865-3770 FAX:03-3865-3771
E-mail:lu@unifast.co.jp
配信元企業:ユニファースト株式会社
  • プレスリリース詳細へ
  • ドリームニューストップへ
  • Yahoo!で調べてみよう

      Loading...