マーチャント・バンカーズ株式会社は、香港証券取引所に上場会社L &A International Holdings Limited(HKSE: 8195、以下、「L&A社」といいます。)と業務提携を行うことについて、基本合意することを、本日付(令和3年4月12日)で決定し、相互に、国境を越えた不動産事業を展開することについて協業することといたしましたので、お知らせいたします。
L&A社は、持株会社として、不動産投資、顧客の金融資産管理や投資教育サービスに加え、貸金業や衣料品関連の事業、水産物卸売を行っています。2019年6月に、日本の不動産物件を購入した実績があります。

1.提携の理由
当社の不動産事業は、これまで、大都市部の収益用マンションへの投資を中心に取り組んでまいりましたが、不動産事業の収益性を高めるため、不動産開発、建設、空き家対策事業や、海外への不動産販売など、不動産事業の幅を広げるべく、強力な業務提携関係の構築を進めるとともに、当社が積極的に取組んでまいりましたブロックチェーン事業とのシナジーを目論み、不動産プラットフォーム事業「MBK Realty」を立上げました。
L&A社は、香港証券取引所上場会社で、自ら不動産への投資を行うとともに、顧客に多数の香港の富裕層を抱え、マンションを中心に有益な不動産投資案件の情報を提供し、販売しております。
当社は、海外向けの不動産開発並びに販売、また、海外投資家向けの不動産プラットフォーム事業である「MBK Realty」を強化するため、また、L&A社は、顧客のニーズの高い日本の収益用マンションの販売を強化するため、相互に業務提携につき、基本合意に至ったものであります。

2.提携の内容
とりわけ、L&A社の顧客にニーズの高い大阪、京都をはじめとする関西地区の収益用マンションについて、共同して以下の取組みを行ってまいります。
(1) マーチャント・バンんカーズ株式会社とL&A社の共同出資による収益用マンションの開発
(2) マーチャント・バンカーズ株式会社からL&A社に対し、L&A社が顧客に販売する収益用マンションの販売又は紹介

また、これらの取組みを効率的に推進する手段として、不動産プラットフォーム事業「MBK Realty」を積極的に活用するものとして、L&A社は顧客に「MBK Realty」を積極的に紹介し、投資家に紹介する香港や英国の物件を、「MBK Realty」に掲載するものといたします。

マーチャント・バンカーズ株式会社といたしましては、2021年4月中にシステム構築し、「MBK Realty」において、L&A社の顧客に、決済手段として積極的にMBKコインを活用頂き、その普及をはかってまいります
3.相手方の概要
(1)名 称 L &A International Holdings Limited(樂亞國際控股有限公司)
(2)所在地 Unit D, 5/F, Wing Hong Centre, 18 Wing Hong Street, Lai Chi Kok, Kowloon. Hong Kong
(3)代表者 Mr. Yuen Yu Sum, Executive Director
(4)事業内容
(1)不動産投資事業
(2)顧客の金融資産管理や投資教育サービス
(3)衣料品のOEМ生産
(4)衣料品小売
(5)貸金業
(6)水産物卸売
(5)資本金 51,200,000HKD(716,800千円)
(6)設立年月日 2014年10月10日
(7)マーチャント・バンカーズ株式会社との関係 人的、資本的又は取引関係はありません。また、関連当事者に該当いたしません。

4.日程
(!) 決定日 2021年4月12日
(2) 契約締結日 2021年4月12日
(3) 業務開始日 2021年4月12日

5.今後の見通し
今回の業務提携により、中長期的な当社の業績に寄与するものと考えておりますが、現段階におきましては、当面の業績に与える影響は軽微であると考えており、業績に重要な影響を与える事象が生じましたら、改めて開示させて頂きます。

以 上





配信元企業:MBKブロックチェーン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元 : Dream News
記事名:「 香港上場不動産等への投資会社L & A International Holdings Limitedとの業務提携に関する基本合意のお知らせ