2020年11月12日、ジンコソーラー、JAソーラー、ロンジソーラーが共同開催した「顧客立場に立ち、より優れたLOCEを達成」182mm角セルに関する技術フォーラムは上海で成功的に開催された。フォーラムでは、インバータ企業、太陽光架台のメーカーや取扱い企業、太陽光発電設計院、EPC企業及び第三者認証機構が招待され、182mm角セルを用いたモジュールの設計理念、生産コスト、セット生産、システム応用及び製品認証などについて全面的に分析した。

グリッドパリティ時代の到着に伴い、大寸法による高効率モジュールは、LOCE低減の実現が業界に認められているが、モジュールを組み合わせた回路の設計、信頼性、輸送包装、システム設計及びO&Mなどの要素も考えられる。太陽光発電企業は寸法とLOCE低減の間にバランスを求めるべきである。

ロンジソーラー高級プロダクトマネージャーの李紹唐は「2018年に業界でサイズを増やして効率を上げることが考えられますが、サイズは、生産製造、輸送、信頼性及び人工設置とマッチすることも必要です。現在の182mm角セルを用いたモジュールは、既存のインダストリーチェーンおよび電気システムに完璧にマッチしている。

以下の各方面から182mm角セルの優位性を紹介する。

*LOCE
周知どおり、配電線の電力損失と内部損失を低減することによって発電所の発電量を高めることは、LOCEの低減を実現する方法である。55 P版の210mm角セルと比較して、182mm角セルは線路損失0.21%と内部損失2%を低減することができる。この部分のコストは0.1元/瓦を超えるEPCコストでカバーすることができる。182mm角セルは、より低いシステム費用、より優れた発電能力と信頼性によって、平地のメガソーラー(大規模太陽光発電所)に最適である。

*BOSコスト
210mm角セルより182mm角セルのモジュールは約0.16円/wを削減できる。

*生産
182mm角セルのモジュールのセット生産技術はますます成熟し、現在のところ量産効率は21%以上になり、順調に量産化の段階に入ってきた。また182mm角セルのカットセルの合格率は158mmとほぼ同じ、各段階の最適化プロセスを通じて、182mm角セルの電池効率は23.1%まで高める。

*運輸
158/166mm角セルの製品に比べ、182mm角セルの製品はコンテナ毎に10%~20%ワット多くなる。

*パワコン
パワコン最大手であるファーウェイとSUNGROWのPVインバーターは182mm角セルの製品を完璧にマッチできる。

*架台
NEXTrackerシニアプロジェクトマネージャーの郭至凱氏は、「モジュールが高度化になりつつ、追尾式架台はそれにっよて更新しています。信頼性から見ると、182mm角セルの製品は、風洞試験に合格し、追尾式架台の運用の面では、安定性を確保できる。

*太陽光発電業界の各産業チェーンからの協力
太陽光発電業界の各産業チェーンからの協力のおかげで、182mm角セルの応用がより多く見られる。中国電建華東探査設計研究院の新エネルギー工程院党委員会書記の黄春林氏は、「より大きな電流のモジュールは、より多くの線路損失が増えることを意味し、大寸法のモジュールは、架台への耐能力が増加しましたが、182mm角セルのモジュールが架台との整合性は高いです。」と話した。

ジンコソーラー、JAソーラー、ロンジソーラーは182mm角セルの2021年生産能力は54 GWに達する予定で、グリッドパリティ時代を全面的に実現する。


ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2020年6月30日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、生産能力につきまして、シリコンインウエハーが20GW、太陽電池が11GW、太陽光発電モジュールが25GWに達している。

ジンコソーラーは世界で7ヶ所の生産拠点があり、日本(2)、韓国、ベトナム、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア15の海外子会社を持ち、販売チームは中国、イギリス、フランス、スペイン、ブルガリア、ギリシャ、ウクライナ、ヨルダン、ウジアラビア、チュニジア、モロッコ、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマ、カザフスタン、マレーシア、ミャンマー、スリランカ、タイ、タイ、ポーランドとアルゼンチンとに広がって、従業員が1万5,000人以上を雇用している。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com



配信元企業:Jinko Solar株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「ジンコ、JAソーラー、ロンジ連合、来年182mm角セル生産力は54 GW予想