スマートフォンを利用して展示解説などを楽しめるミュージアム向け無料ガイドアプリ「ポケット学芸員」(開発元:早稲田システム開発株式会社(東京都新宿区))のサービスが、9月15日に中津川市鉱物博物館に導入されましたのでお知らせいたします。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221864&id=bodyimage1

■導入の背景
当館では、展示物の解説を専用の機器ではなく、タブレットやスマートフォンで閲覧できるようにするシステムの導入を数年前より検討していました。近年、スマートフォンの普及率が高まり、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、職員による展示解説の機会が減少したことなどが後押しとなり、導入を決定するに至りました。

■ポケット学芸員選定理由
「ポケット学芸員」は当館で利用しているクラウド型収蔵品管理システム「I.B.MUSEUM SaaS」と連動しているため、効率的に準備を進めることができ、また追加費用も掛からないことが、採用の決め手となりました。そして、常設展示室の展示標本をほぼ登録完了できたことで、いよいよ運用開始となったものです。

■中津川市鉱物博物館について
中津川市鉱物博物館は、鉱物産地として知られる「苗木地方」にある、国内でも数少ない鉱物を中心とした地質系の自然誌博物館です。 水晶・トパーズといった産出鉱物が数多く展示され、鉱物や地域の地質について学ぶことができます。代表的な収蔵品は、レアアースを含む鉱物など貴重な標本からなる「長島鉱物コレクション」。 砂の中から小水晶をさがす「ストーンハンティング」が人気で、見つけた水晶の中からお気に入りの1点を持ち帰ることができます。博物館の建物は、ペグマタイト(巨晶花崗岩)中の鉱物に見立てて造られています。周りにはフィールド「夜明けの森」「高峰湖」があり、一日を自然の中で過ごせるスポットです。

■ポケット学芸員の概要
「ポケット学芸員」は、スマートフォンを利用して展示解説を閲覧・視聴できるガイドアプリです。ひとつのアプリを複数のミュージアムで共用的に使える点が特徴で、スマートフォンにインストールしておけば、全国のサービス実施館で展示ガイドを利用することができます。
ガイド内容は、それぞれの博物館・美術館が独自に工夫して制作する仕組みを採用。館によってテキスト画面だけでなく写真や動画、音声など多様なスタイルで情報が配信されています。

アプリホームページ : http://welcome.mapps.ne.jp/pocket
アプリのFacebookページ : https://www.facebook.com/pocketcurator/?fref=ts

<2020年8月時点でサービス提供中および提供予定のミュージアム>
北海道博物館/北海道開拓の村/札幌芸術の森野外美術館/だて歴史文化ミュージアム/史跡北黄金貝塚講演/岩手県立博物館/諸橋近代美術館/ミュージアムパーク茨城県自然博物館/予科練平和記念館/徳川ミュージアム/飯能市立博物館 きっとす/埼玉県立近代美術館/造幣さいたま博物館/浦安市郷土博物館/世田谷区立郷土資料館/世田谷区立岡本公園民家園/世田谷区立次大夫堀公園民家園/くにたち郷土文化館/慶應義塾大学/賀川豊彦記念松沢資料館/福生市郷土資料室/北区飛鳥山博物館/紙の博物館/昭和館/船の科学館/消防博物館/郷さくら美術館/青梅市郷土博物館/神奈川県立歴史博物館/大和市つる舞の里歴史資料館/あつぎ郷土博物館/小松市立博物館/福井市立郷土歴史博物館/名勝養浩館庭園/福井県立歴史博物館/福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館/長野市立博物館/松本市時計博物館/松本市山と自然博物館/日本童画美術館 イルフ童画館/窪田空穂記念館/松本市立博物館/岐阜県博物館/多治見市モザイクタイルミュージアム/史跡草津宿本陣/草津市立草津宿街道交流館/逸翁美術館/小林一三記念館/大阪市立科学館/造幣博物館/神戸ビーフ館/姫路市立美術館/松江歴史館/松江ホーランエンヤ伝承館/島根県立美術館/ふくやま文学館/中原中也記念館/萩博物館/香川県立ミュージアム/瀬戸内海歴史民俗資料館/高松市讃岐国分寺跡資料館/特別史跡讃岐国分寺跡史跡公園/高松市公文書館/上島町岩城郷土館/高知県立美術館/横山隆一記念まんが館/福岡アジア美術館/北九州市立文学館/北九州市立いのちのたび博物館/佐賀県多久市/熊本博物館/熊本県立装飾古墳館/臼杵市歴史資料館/種子島開発総合センター「鉄砲館」/鹿児島県歴史資料センター黎明館/鹿児島県立博物館/かごしま環境未来館/天城町歴史文化産業科学資料センター「ユイの館」

ポケット学芸員は、 GooglePlay/App Storeにて、無料でダウンロードいただけます。「ポケット学芸員」と検索してください。 本リリースをスマートフォンでご覧いただいている方は、以下URLからもダウンロードいただけます。

iOS: https://itunes.apple.com/jp/app/pocket-curator/id1088763931?mt=8
Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.waseda.pocket.curator
(推奨OS :android 5.0以上 iOS 10.0以上)

【導入館】
中津川市鉱物博物館
〒508-0101 岐阜県中津川市苗木639-15
電話 0573-67-2110
http://mineral.n-muse.jp/





配信元企業:早稲田システム開発株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「ミュージアム展示ガイドアプリ「ポケット学芸員」が中津川市鉱物博物館に導入されました