【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220451&id=bodyimage1

赤坂見附にママノチョコレートを展開する、株式会社コータロー(所在地:東京都港区赤坂、代表取締役:江沢孝太朗)は、2020年8月11日(火)にさくらんぼ2種の食べ比べを楽しめるママノパフェを発売いたします。

概要
福島県産のさくらんぼが主役の2種類のママノパフェ(ベリーヌ)。伊達水蜜園の佐藤さんが育てたさくらんぼを使っています。素材にこだわり、単純な材料で構成し、余分な甘みを極力抑えながらも「あぁ美味しい」と心も身体も喜ぶスイーツです。

ぜひ、さくらんぼ2種の食べ比べを楽しんでいただければ嬉しいです。味が淡い、佐藤錦から先にお召し上がりいただくのがお勧めです。1つのスイーツの中で味わいの変化をお楽しみください。

冷蔵庫で半日以上完全に解凍してから、冷たい状態でお召し上がりください。

ママノパフェの説明
アメリカンチェリーと佐藤錦を使用。佐藤錦は淡い酸味と優しい甘みが特徴で、アメリカンチェリーは酸味甘味がともに濃いのが特徴です。

1層目
さくらんぼの粒は、低糖度のシロップ(砂糖水)でさっと煮ています(=コンポート)。
コンポートしてうまみが溶け出したシロップを余すことなく詰め込んだゼリーは、第一印象から心地よい酸味の爽やかさで、さくらんぼ農園のキラキラと眩しい情景を思い起こさせます。

2層目
さくらんぼソースは、低温でじっくりじんわりと煮詰めて濃縮することで、豊潤かつ濃厚でありながら、新鮮さをとどめています。

3層目
ミルクプリンは、牛乳本来の甘みやコクを活かすため、できるだけゆっくりと低温で加熱し、少しの量ずつ、丁寧にプリンに仕立てた。1層目と3層目のゼリーとプリンのやわらかさのバランスにもこだわり、微調整を重ねることで、1つのママノパフェとしての完成度を高めました。

シェフショコラティエ本間コメント
「今回開発しましたベリーヌは、それぞれの素材感を重視しシンプルに仕上げたかったので、ポテンシャルの高い素材を使い、その素材の良さを最大限に引き出さないと成立しない直球勝負のスイーツです。
人は甘い=美味しいと判断するからこそ、甘さでごまかさずとことん素材と向き合い、余計な甘みを極力抑えて、それでも美味しいスイーツを作りあげることは自分自身でも新しい挑戦であり、試行錯誤の末に産みだされた自信作をぜひご賞味ください!」

ママノパフェのコンセプト
・材料はさくらんぼ、牛乳、水、砂糖、凝固剤のみ
・果物は生産者の想いがたっぷり詰まった農園から直送
・牛乳は北海道の道東、浜中町の限定牧場で選りすぐられたタカナシ乳業の特選牛乳
・水は果物の味を最大限に引き出すために、ミネラル分を極限まで濾過したRO水を使用

商品概要
価格 4個セット2,200円(税込)
販売方法 オンラインショップ
https://mamano-chocolate.com/collections/parfe



配信元企業:株式会社コータロー
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「ママノチョコレートから、福島県産さくらんぼ2種の食べ比べパフェが発売。