2020年8月11日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「調整可能減衰器の世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年8月11日に開始いたしました。調整可能減衰器の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:調整可能減衰器の世界市場 2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Adjustable Attenuators Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年7月21日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
本調査レポートでは、調整可能減衰器の世界市場を広く調査・分析し、今後の市場展望をまとめております。調整可能減衰器の種類別市場規模(手動調整式減衰器、電動調整式減衰器)、用途別市場規模(通信、半導体、その他)、地域別市場規模(北米、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国、日本、東南アジア、南米、中東、アフリカなど)、市場動向、メーカー別販売量と市場シェア、販売チャネルなどの情報を掲載しています。
・市場概要
・メーカー情報(販売量、市場シェア、製品概要、SWOT分析):Analog Devices、Altechna、Triquint Semiconductor、Santec、Hittite Microwave、EKSMA Optics、Kingfisher International、JDSU、Metrolux Optische、EXFO、Ophir Optronics、Rohde Schwarz、Yokogawa
・地域別グローバル市場分析 2015年-2020年
・調整可能減衰器の北米市場(アメリカ、カナダ、メキシコ)
・調整可能減衰器のヨーロッパ市場(ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、イタリア)
・調整可能減衰器のアジア市場(中国、日本、韓国、インド、東南アジア、オーストラリア)
・調整可能減衰器の南米市場(ブラジル、アルゼンチン)
・調整可能減衰器の中東・アフリカ市場(サウジアラビア、トルコ、エジプト、南アフリカ)
・種類別分析:手動調整式減衰器、電動調整式減衰器
・用途別分析:通信、半導体、その他
・地域別市場規模予測 2021年-2025年
・販売チャネル、流通業者、代理店
・調査の結果・結論

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.jp/D0804-00136-Global-Adjustable-Attenuators-Market-2020/
■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220421&id=bodyimage1



配信元企業:株式会社マーケットリサーチセンター
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「「調整可能減衰器の世界市場 2020年:手動調整式減衰器、電動調整式減衰器」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました