シンガポール金融当局「ステーブルコインがクロスボーダー決済効率化に貢献」

ステーブルコインが国境間決済を効率化 シンガポール金融管理局/中央銀行(MAS)のラビ・メノン長官は10日に開かれたSWIFT主催の会議「Sibos 2022」の基調演説で、国境間決済の効率化に向けて分散型台帳技術が役立つと指摘した。 メノン長官は、分散型台帳技術を用いて民間企業が発行するステーブ...

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...