yahoo

アマゾン・ブックスの編集者が2022年の年間ベストブックを発表

2022.11.22 08:59
rss ビジネスワイヤ
マネー
コメントする
ガブリエル・ゼヴィンの「Tomorrow, and Tomorrow, and Tomorrow」が2022年のベストブックに選ばれる
シアトル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 本日、アマゾン・ブックスの編集者は2022年のベストブックの選出作品を発表し、ガブリエル・ゼヴィンの小説「Tomorrow, and Tomorrow, and Tomorrow」が年間ベストブックに選ばれました。この年次リストは、顧客が次の素晴らしい読み物を見つけるサポートをするために毎年数千冊もの本を読んで
  • アマゾン・ブック・レビュー
  • で推薦書籍を共有する編集者チームが厳選しています。今年出版された本の上位100冊を紹介する編集者のセレクションでは、ミステリー、回顧録、ロマンス、児童書(年齢別)、歴史、料理本など、人気のあるカテゴリーの上位20作品も発表しています。2022年ベストブックの完全なリストをご覧になるには、
  • amazon.com/bestbooks2022
  • をご参照ください。
  • アマゾン・ブックス編集ディレクターのサラ・ゲルマンは、次のように述べています。「今年はたくさんの素晴らしい本が選択肢となりました。しかし、当社の情熱にあふれた(頑固な、とも言うべき)編集者チームが気に入った1冊について意見を一致させたのは、ほぼ奇跡です。その奇跡が『Tomorrow, and Tomorrow, and Tomorrow』であり、これは人間関係の複雑さ、人間的つながりの重要性、若者の無邪気さと楽観主義、テクノロジーとの歩み、そしてさまざまな愛について書かれた、まさに完璧な本です。」
    「Tomorrow, and Tomorrow, and Tomorrow」は、読者の心にも響いています。キンドル読者が最も頻繁にハイライトする引用の1つが、「“What is a game?” Marx said. “It’s tomorrow, and tomorrow, and tomorrow. It’s the possibility of infinite rebirth, infinite redemption. The idea that if you keep playing, you could win. No loss is permanent, because nothing is permanent, ever.”」というくだりです。
    ゼヴィンは次のように語りました。「今年出た多くの本をとても良いと思っていましたから、『Tomorrow, and Tomorrow, and Tomorrow』がアマゾンの年間ベストブックに選ばれたことは、思いがけない名誉です。作家として、そして読者として、何と素晴らしい時でしょうか。」
    ゲルマンは、次のように述べています。「新世代の楽観主義は、『Tomorrow, and Tomorrow, and Tomorrow』だけでなく、『Solito』、『Demon Copperhead』、『Our Missing Hearts』、『I’m Glad My Mom Died』など、今年私たちが気に入った物語の多くの中心にあります。また、『Memphis』、『Remarkably Bright Creatures』、『Now is Not the Time to Panic』などの他の選出作品のページを通じて、絆とプラトニックな愛の力が描かれていることにも注目しています。」
    2022年のアマゾン・ブックス編集者が選んだトップ10を、編集者たちの説明と共にご紹介します。
  • Tomorrow, and Tomorrow, and Tomorrow
  • Solito: A Memoir
  • Stolen Focus: Why You Can't Pay Attention—and How to Think Deeply Again
  • Fairy Tale
  • Horse
  • Carrie Soto Is Back
  • Demon Copperhead
  • Our Missing Hearts
  • The Escape Artist: The Man Who Broke Out of Auschwitz to Warn the World
  • 業火の市
  • 2022年のアマゾン・ブックス編集者が選ぶ最高の児童書は、クワメ・アレクサンダーの『
  • The Door of No Return
  • 』です。アマゾン編集者のセイラ・ウィルソンは、次のように述べています。
    「ガーナの歴史からインスピレーションを得たクワメ・アレクサンダーの並外れた韻文小説は、若い主人公の夢の中を流れる水と同じぐらいよどみなく流れます。家族、学校、初恋の興奮で頭がいっぱいのコフィの世界は、恐ろしい事故が陽気な時を悲しみと怒りに満ちたものに変えた時に一変しますが、これは、その後起きることの兆候に過ぎません。『The Door of No Return』は、喜び、恐れ、悲しみ、希望、そしてこの勇敢で苦境に負けない少年に対する愛によって読み手の心を打つストーリーテリングの素晴らしい作品です。」
    上位3冊の著者であるガブリエル・ゼヴィン、ハビエル・サモラ、ヨハン・ハリは、2022年11月15日の午前9時(太平洋夏時間)に、年間ベストブックの選出を祝うアマゾン・ライブ・オーサー・シリーズの会話に参加します。
  • アマゾン・ライブ
  • にアクセスして、ご視聴ください。
    年間ベストブックのリストに取り上げられた書籍に関する詳細情報と、新刊本に関する洞察に満ちたレビュー、著者のインタビュー、人気のカテゴリーの厳選された作品については、アマゾン・ブック・レビュー(
  • www.amazon.com/amazonbookreview
  • )をご覧ください。アマゾン・ブックスの編集者のおすすめや会話を、
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • の@amazonbooksでフォローすることもできます。
    アマゾンについて
    アマゾンは、4つの指針として、競争よりも顧客に目を向けること、発明に情熱を傾けること、優れたオペレーションに注力すること、長期的に思考することを拠り所としています。Amazonは、地球上で最も顧客中心主義の企業、地球上で最高の雇用主、地球上で最も安全に働ける職場であるすべく懸命に努力しています。利用者レビュー、ワンクリック・ショッピング、個人に合わせたお勧め、プライム、アマゾン・フルフィルメント、AWS、Kindleダイレクト・パブリッシング、Kindle、Career Choice、Fireタブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexa、Just Walk Out技術、Amazonスタジオ、クライメート・プレッジは、アマゾンが先駆的に開始したものの例です。詳細情報については、
  • amazon.com/about
  • をご覧いただき、@AmazonNewsをフォローしてください。
    本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。
    Contacts
    Amazon.com, Inc.
    Media Hotline
  • Amazon-pr@amazon.com
  • www.amazon.com/pr
  • \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間