yahoo

SLBとリンデが炭素回収および隔離で協力

2022.11.02 22:48
rss ビジネスワイヤ
マネー
コメントする
プロジェクトでは、水素、アンモニア、天然ガスなどのセクターからのCO
2
排出を回収し、隔離します
  • ヒューストン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- SLB(NYSE:SLB)とリンデ(NYSE:LIN、FWB:LIN)は本日、産業およびエネルギー・セクターで脱炭素ソリューションを加速するために、炭素回収・利用・隔離(CCUS)プロジェクトに関する戦略的連携を締結したと発表しました。この連携では、二酸化炭素(CO
    2
    )の回収と隔離における数十年の経験、革新的な技術ポートフォリオ、プロジェクトの開発と実行の専門知識、設計・調達・建設(EPC)の能力が組み合わされます。
    CO
    2
    は、多くの産業およびエネルギー応用で使用または生成されます。この連携では、CO
    2
    が副産物である水素およびアンモニアの生産と、天然ガス処理に焦点を当てます。CCUSは、このようなエネルギー集約型産業からの排出量を削減し、新しい低炭素エネルギー源および製品を生み出します。国際エネルギー機関(IEA)は、2050年までにネットゼロに到達するためには、CCUSによって年間6Gt以上のCO
    2
    を削減する必要があると推定しています
    1
    SLBのオリビエ・ル・プェッシュ最高経営責任者は、次のように述べています。「CCUSは、エネルギー需要と気候目標のバランスを取るために地球が必要とする脱炭素エネルギー・システムを構築する上で不可欠です。CCUSプロジェクトを開発し、従来のエネルギー源からの低炭素エネルギー製品の成長をサポートするこのリンデとの連携に、当社は期待を感じています。」
    リンデのサンジブ・ランバ最高経営責任者は、次のように述べています。「炭素回収および貯留は、地球温暖化に取り組むための重要な手段となります。私たちは、お客さまがコスト効率の高い方法で事業を脱炭素化するサポートをすることに注力しています。当社はSLBと協力して、複雑なEPCプロジェクトの実行から信頼できる安全な長期貯留の確保まで、技術主導のソリューションを提供することができます。」
    SLBとリンデは、すでに1年にわたって脱炭素化の機会に取り組んでいます。複数のセクターや業界に及ぶ両社の世界的な拠点を活用して、この連携は対応顧客を拡大し、すべてのステークホルダーにとっての価値を最大化するビジネスおよび運営モデルの設計に焦点を当てていきます。
    SLBについて
    SLB(NYSE:SLB)は、バランスの取れた地球のためにエネルギー革新を推進するグローバルなテクノロジー企業です。世界の100カ国以上に拠点を持ち、その約2倍の国籍の従業員を抱える当社は、石油・ガスの脱炭素化と、エネルギー転換を加速させる拡張性のある新エネルギー技術の開発に日々取り組んでいます。詳細については、
  • slb.com
  • をご覧ください。
    リンデについて
    リンデは主要な世界的な産業用ガスおよびエンジニアリング企業であり、2021年の売上高は310億ドル(260億ユーロ)に上ります。当社は、お客さまの成功を促進して地球の維持と保護をサポートする高品質のソリューション、テクノロジー、サービスを提供することにより、世界の生産性を日々向上させるという使命を果たしています。
    当社は、化学製品・エネルギー、食品・飲料、電子機器、ヘルスケア、製造、金属、鉱業などの多様な末端市場に対応しています。リンデの産業用ガスは、病院の救命用酸素から電子機器製造用の高純度および特殊ガス、クリーン燃料用の水素などまで、数多くの用途に用いられています。リンデはまた、最先端のガス処理ソリューションを提供して、顧客の拡大、効率の向上、排出量削減をサポートしています。
    当社とその製品およびサービスの詳細情報については、
  • www.linde.com
  • をご覧ください。
    1
    IEA (2022)、World Energy Outlook 2022 IEA、パリ
    https://www.iea.org/reports/world-energy-outlook-2022
    将来見通しに関する記述についての注意事項
    本プレスリリースには、米国連邦証券法の意味における「将来見通しに関する記述」、すなわち過去の出来事ではなく将来に関する記述が含まれています。そうした記述の多くは、「見込む」、「かもしれない」、「できる」、「推定する」、「意図する」、「期待する」、「するつもりだ」、「可能性」、「予測される」などの言葉や類似の単語を含みます。将来見通しに関する記述は、程度の差こそあれ、不確実性のある事項を取り上げており、そうしたものには、炭素回収技術やパートナーシップの展開、または期待される効果に関する予測と予想、持続可能性および環境問題についての目標、計画、予測についての記述、エネルギー移行と世界的な気候変動に関する予測と予想、業務手順および技術の改善が含まれます。これらの記述にはリスクおよび不確実性が伴い、そうしたものには実質カーボン・ネガティブ排出目標を達成できないこと、炭素回収の戦略、イニシアチブ、またはパートナーシップで意図されている恩恵を認識できないこと、環境問題に対処するための法制上および規制上の取り組み(世界的な気候変動の影響に対応するためのイニシアチブを含む)、規制当局の承認および許可の時期または取得、そして米国証券取引委員会に提出・提供されたSLBの最新のフォーム10-K、10-Q、8-Kを含む当社の公開提出物で詳述されているその他のリスクや不確実性がありますが、それらに限定されません。仮に、これらまたはその他のリスクまたは不確実性の1つないし複数が実現した場合(またはそのような展開の影響が変化した場合)、あるいは前提条件が不正確であると判明した場合、実際の結果が当社の将来見通しに関する記述に反映されているものとは大きく異なる場合があります。将来見通しに関する記述は、本リリース発表時点での内容であり、両当事者は、新たな情報、将来の出来事、その他の理由にかかわらず、そのような記述を公式に更新または改訂する一切の意図および義務を否認します。
    本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。
    Contacts
    Media
    Moira Duff – Director of External Communication
    Tel: +1 (713) 375-3407
    Email:
  • media@slb.com
  • Anna Davis
    Tel: +44 1483 244705
    Email:
  • anna.davies@linde.com
  • Investors
    Ndubuisi Maduemezia – Vice President of Investor Relations
    Joy V. Domingo – Director of Investor Relations
    Tel:+1 (713) 375-3535
    Email:
  • investor-relations@slb.com
  • Juan Pelaez
    Tel: +1 (203) 837-2213
    Email:
  • juan.pelaez@linde.com
  • \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間