yahoo

3Dは富士ソフトの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のために、引き続き執行部をサポートしていく方針を表明

2022.03.24 16:00
rss ビジネスワイヤ
マネー
コメントする
音声で聞く
東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 3D Investment Partners Pte. Ltd.(3D OPPORTUNITY MASTER FUNDと総称して 、以下「3D」もしくは「当社」)は、本日、富士ソフト株式会社(以下「富士ソフト」)(9749.T)が2022年3月11日に開催した第52回定時株主総会(以下「本株主総会」)の結果を踏まえて、富士ソフトの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のために、引き続き、執行部をサポートしていくことを表明いたしました。
当社は、本株主総会において、2名の社外取締役の追加選任議案(以下「本株主提案」)を提案していましたが、賛成比率は長谷川寛家氏については36.17%、鳥居敬司氏については39.17%という結果でした。
当社としては、2名の社外取締役の追加選任による取締役会の監督機能の強化と現経営方針の再検証こそ、富士ソフトの企業価値を飛躍的に高めるものであると確信していたため、決議結果については残念なものではありましたが、すべての株主の皆さまに経営方針の意向を示す機会が与えられ、その結果として40%弱の株主の皆さまから賛同を得ることができたことは、非常に意義のあるものであると考えています。
また、大手議決権行使助言会社であるGlass, Lewis & Co.とInstitutional Shareholder Services Inc. から当社の株主提案に賛成の推奨を得たことに加え、他の株主の皆さまとのコミュニケーションにおいても、当社が求める取締役会の監督機能の強化と現経営方針の再検証について概ね好意的な意見が寄せられたことは大きな収穫となりました。
株主総会における決議結果は、いかに多くの株主が、当社が掲げた5つの項目(低ROICの不動産投資、低評価に留まる上場子会社、低水準の株主還元、低い利益率、総花的な成長戦略)の再検証を求めているかを示す、重要なバロメーターとなるものです。
富士ソフトにおいては、創業以来、このように経営方針に関する少数株主の意向を示す機会が与えられ、その結果が可視化されたことは初めてのことでした。株主総会という開かれた場において、全ての株主が真摯に各議案への賛否を検討し、少数株主が議決権行使を通じて自らの意向を示したというのは、企業価値の向上に向けた極めて健全な株主総会のあり方であり、株主により選任された取締役には少数株主の意向も十分に踏まえた経営を行うことが期待されています。
当社は2名の社外取締役の追加選任を求めましたが、現取締役の解任や、執行部に当社が推薦する者を入れるように求めていたわけではありませんでした。現執行部には、富士ソフトの企業価値を高めるために、全力を尽くしていただけていると当社は考えています。当社がこれまで行ってきた全ての提案は、執行部を批判するためのものではなく、企業価値の向上に向けた新たな視点を提供し、取締役会の意思決定及び執行部の業務執行をサポートするためのものでした。
当社は、引き続き、富士ソフトの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のために、建設的な対話を通じて、必要と考える施策を様々な観点から提案していく予定です。
なお、当社が本株主提案への支持を訴える中で行った主張の一部が富士ソフトの執行部を批判するようにも捉えることができる表現であったという指摘については、当社の本意ではありませんでした。当社が目指しているのは、企業価値の向上に向けた新たな視点を提供し、健全な緊張感を持った対話を行い、そこから取締役会により良い意思決定を行ってもらうことであり、富士ソフトの執行部を批判する意図はなかったことを、明確にさせていただきます。
株主の皆さまには、当社の株主提案を真摯に検討していただき、大変感謝しております。
当社は、今後も、富士ソフトの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のために、引き続き、執行部を全力でサポートしていくとともに、価値ある提案を行ってまいります。
当社は、2015年に設立された、シンガポールを拠点に日本特化型のバリュー投資を行う独立系資産運用会社です。複利的な資本成長を通じた中長期的な価値創造を投資哲学としています。
プレスリリースは、情報提供のみを目的としたものであり、いかなる証券又は投資商品についても、その購入又は販売を勧誘するものではなく、専門的助言もしくは投資助言ではありません。また、本プレスリリースは、目的のいかんを問わず、いかなる人もこれに依拠することはできず、投資、財務、法律、税務その他のいかなる助言とも解されるべきではありません。
3D Investment Partners Pte. Ltd.及びその関連会社並びにそれらの関係者(以下、「3DIP」)は、昨今の富士ソフトの株価はその本源的価値を反映していないと考えています。3DIPは、購入時点において、富士ソフトの有価証券は過小評価されており、魅力的な投資機会を提供しているという独自の考えの下、これらの実質的所有権及び/又は経済的利益を購入しており、また、将来においても実質的所有権を有し、又は経済的利益を有する可能性があります。3DIPは、富士ソフトに対する投資について、継続的に再検討を加える予定であり、様々な要因、例えば – 富士ソフトの財政状態及び戦略的方向性、富士ソフトとの協議の結果、全体的な市場環境、3DIPが利用可能なその他の投資機会、富士ソフトの有価証券の購入又は売却を3DIPの希望する価格で実行しえる可能性等 - に応じて、いつでも(公開市場又は非公開の取引を通じて)、関係法令で許容される方法を限度として、自由に、売却し、購入し、カバーし、ヘッジし、又は投資(富士ソフトの有価証券への投資を含みます)の形態や実態にかかるその他の変更を実施する可能性があります。また、3DIPは、そのような変更等を他者に通知する義務の存在を明示的に否定します。
プレスリリースに記載されている情報の正確性、完全性又は信頼性に関して、明示黙示を問わずいかなる表明又は保証もなされません。また本プレスリリースに記載されている情報は、本プレスリリースにおいて言及されている証券、市場又は進展についての完全な記述又は概要であることを意図していません。3DIPは、本プレスリリースもしくは本プレスリリースの内容の全部もしくは一部を使用もしくは依拠したことにより、又は本プレスリリースに関してその他の理由により生じた、いかなる者のいかなる損失についても、全ての責任又は債務を、明示的に否定します。
3DIPは、本プレスリリースを通じて行う、自らの評価、推定及び意見の表明、その他株主との対話を理由として、日本の金融商品取引法に定める共同保有者もしくは外国為替及び外国貿易法に定める密接関係者として取り扱われる意図又は合意、及び、他の株主が保有する議決権の行使につき、株主を代理する権限を受任する意思がないことをここに明示します。
3DIPは、富士ソフト及び富士ソフトグループ会社の事業や資産を第三者に譲渡又は廃止することについて、3DIPが、自ら又は他の貴社の株主を通じて、貴社の株主総会で提案することを意図するものではありません。また、3DIPは、富士ソフト及び富士ソフトグループ会社の事業の継続的かつ安定的な実施を困難にする行為を行うことを目的とする意思を有していません。
プレスリリースでは、ニュース報道又はその他の第三者情報源(「第三者資料」)からの引用が含まれ得ます。これらの第三者資料の引用の許可は、求められておらず、取得されていないことがあります。なお、第三者資料の内容については、3DIPが独自に検証を行ったものではなく、必ずしも3DIPの見解を示すものではありません。第三者資料の著者及び/又は発行者は、3DIPとは独立しており、異なる見解を持つ可能性があります。本プレスリリースにおいて第三者資料を引用することは、3DIPが第三者資料の内容の一部について支持若しくは同意すること、又は第三者資料の著者若しくは発行者が、関連する事項に関して3DIPが表明した見解を支持若しくは同意することを意味するものではありません。第三者資料は、記載された問題に関して他の第三者により表明された関連するニュース報道又は見解の全てでもありません。
株式会社シグナル
指宿 伸一郎
TEL:03-6803-8444
3D Investment Partners Pte. Ltd.
  • 3DIPartners@3dipartners.com
  • \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間
    おすすめ