yahoo

オースターが計画中のセンス・フォトニクス買収により自動車グループを設立し、自動車部門の成長加速とソリッドステート式デジタル・ライダーの市場投入を目指す

2021.10.11 19:01
rss ビジネスワイヤ
マネー
コメントする
戦略的買収によりオースターは、長距離ソリッドステート式デジタル・ライダー、世界的大手の自動車OEMメーカーとの取引、世界的自動車メーカーとの連続生産の引き合いを得て、自動車業界の先端企業としての地位を強化
サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- オースター(NYSE: OUST)(オースターまたは当社)は、自動車連続生産向けソリッドステート式デジタル・ライダー・センサーを開発したセンス・フォトニクス(センス)を買収する正式契約を結んだと発表しました。全額株式によるこの戦略的買収が完了すると、オースターは、新たな事業部門としてオースター・オートモーティブを設立する予定です。この事業部門は、量産市場において乗用車および商用車へのデジタル・ライダー導入を推進することを目指し、自動車および非自動車の業界にわたる市場リーダーとしてのオースターの地位が強化されます。
買収の完了後に、オースターはオースター・オートモーティブを設立し、この部門はセンスのシャウナ・マッキンタイヤ現最高経営責任者(CEO)が統括します。オースター・オートモーティブは以下を予定しています。
また、オースターは、エンジニアリング、半導体、自動車に関する深い専門知識を有するセンスの主要な人材を維持し、センスから100件以上の出願中特許と250件以上の特許の独占的ライセンスを取得することで、競争力が高まると予想しています。
オースターのアンガス・パカラ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「オースターとセンスは理想的な組み合わせです。オースターのデジタルに関する専門知識および製品開発・製造における成熟度と、センスの先進的なソリッドステート式デジタル・ライダー・シリコンが統合することで、消費者向けADAS市場へのマルチセンサー・デジタル・ライダー・スイートの提供が加速すると予想されます。オースターのデジタル技術により、当社は産業、ロボット工学、スマートインフラの市場で先行し、自動車分野でトップ企業となることができました。センスと統合することで、オースターは技術と性能における明確なリーダーを目指し、自動車および非自動車業界でシェアを拡大し続けることができるでしょう。」
センスのシャウナ・マッキンタイヤCEOは、次のように述べています。「センスのソリッドステート技術は、オースターのデジタル・アプローチと密接に連携しており、大規模な戦略的開発契約を含め、世界の自動車OEMメーカーから強い関心が寄せられています。予想される合併の相乗効果は明らかです。両社の2つのプラットフォームが融合することで、さらに多くの自動車設計契約を獲得する絶好の機会となります。また、オースターにはリソース、製造ノウハウ、実績ある実行力があり、両社の統合により、自動車業界の市場リーダーになる上で必要なものを備えているという自信が得られます。オースター・ファミリーの一員になれることをうれしく思います。」
オースターとセンス・フォトニクスは、2021年10月5日午後5時(米国東部時間)より電話会議を開催する予定であり、本取引案について説明し、当社をカバーしているアナリストの質問に答えます。電話会議への参加登録は、電話会議の開催前または開催日に、ウェブサイト(
http://www.directeventreg.com/registration/event/2289236)で行うことができます。登録者には、登録時に電話会議の詳細と登録者IDをお知らせします。また、電話会議はウェブキャストで生放送され、その後、オースターの投資家向けウェブサイト(
https://investors.ouster.com)で少なくとも14日間は録音再生を聴取できます。電話会議で使用するプレゼンテーション資料は、電話会議開始の直前にオースターの投資家向けウェブサイトから入手できます。
また、電話会議の録音再生を2021年10月19日まで電話で聴取できます。米国内からは(800) 585-8367、米国外からは(416) 621-4642にダイヤルしてください。電話会議ID番号は2289236です。
センス・フォトニクスは、自動車業界の量産市場への導入を可能にする高性能で拡張性のあるライダー・システムを提供しています。センス・フォトニクスのコア技術のフラッシュ・テクノロジーは、約300件の特許および出願中特許により保護されており、可動部品のないシンプルで高性能なソリッドステート式ソリューションを実現しています。センス・フォトニクスは、サンフランシスコ、ノースカロライナ、デトロイト、エディンバラ、エルサレムにオフィスを構えています。センス・フォトニクスは、大手ベンチャーキャピタルや戦略的投資家の支援を受けており、自動車やロボット工学の主要顧客とのパートナーシップを築いています。詳細情報については、
  • www.sensephotonics.comをご覧ください。
  • オースター(NYSE:OUST)は、産業、スマートインフラ、ロボット工学、自動車業界向けに高解像度のデジタル・ライダー・センサーを提供する主要企業です。オースターの製品は、価格・性能ともに優れ、何百ものユースケースに対応できる柔軟性を備え、産業界全体で革命的な自律性を実現できる一連の要件に基づいて構築されています。オースターは、米州、欧州、アジア太平洋、中東にオフィスを構え、50カ国以上に約600社の顧客を擁しています。詳細情報については、
  • www.ouster.comをご覧ください。また、
  • ツイッターまたは
  • リンクトインで当社をフォローしてください。
  • 本プレスリリースには、1933年証券法第27A条(改正を含む)(証券法)および1934年証券取引所法第21E条(改正を含む)(取引所法)の意味でのいろいろな将来見通しに関する記述が含まれています。これらの記述は将来の出来事に関する当社経営陣の見解と仮定を示しています。これらの記述は、1995年民事証券訴訟改革法で定められた責任からの「セーフハーバー」となる条件を満たすことを意図しています。これらの記述には、センス・フォトニクスの買収の条件と完了予定日、予想しているセンス・フォトニクス買収による利益とコストの相乗効果、予想される営業費用への影響、買収後のオースターの事業戦略と競争力、オースター・オートモーティブの設立と経営陣案に関する記述が含まれますが、これらに限定されません。将来見通しに関する記述は、当社の財務状況、営業業績、計画、目標、将来の業績と事業に関するオースターの現在の期待と予測を示すものです。将来見通しに関する記述は、過去または現在の事実に厳密に関連していないことで識別することができます。これらの記述には、将来の営業業績や財務業績、その他の出来事の時期や性質に関する記述に関連して「見込む」、「推定する」、「期待する」、「予測する」、「計画する」、「意図する」、「考える」、「かもしれない」、「予定する」、「するはずだ」、「持ちうる」、「可能性が高い」などの言葉や同様の意味を持つその他の言葉が含まれることがあります。すべての将来見通しに関する記述はリスクと不確実性を伴い、実際の結果は当社の予想と大きく異なるものになる可能性があります。これには、センスの買収が完了しないこと、センス買収に必要な完了条件が満たされないこと、センスの事業がうまく統合されないリスク、センス買収による相乗効果や利益を実現できないこと、オースターの事業歴が短いことと損失の過去があること、オースターの製品の採用とライダー市場全般の成長、オースターが事業を行う競争環境、将来の資金需要、知的財産権を適切に保護・行使するオースターの能力、オースターの製品が頻繁に使用される用途に関する規制と基準の変更に効果的に対応するオースターの能力、サードパーティーのメーカーへの依存、既存顧客からの収益の時期、当社製品の市場規模や将来の収益機会に関するオースターの見積りに関連する不確実性、および2021年8月19日付けの当社の最終目論見書と当社がSECに届出・提出したその他の報告書に記載されているその他の重要な要因が含まれます。このような将来見通しに関する記述は、本プレスリリースの日付時点での経営陣の推定と見解を示すものです。オースターは、将来のある時点でこのような将来見通しに関する記述を更新する可能性はあるものの、その後の出来事によって見解が変わったとしても、そのような義務を負うものではありません。
    本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。
    Sarah Ewing
  • investors@ouster.io
  • Heather Shapiro
  • press@ouster.io
  • \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間