ヴァーレとエナジー・インパクト・パートナーズがBHP、Piva、デボンシャー・インベスターズに加わる

ボストン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 排出ゼロ鉄鋼生産の未来を実現する企業であるボストン・メタルは本日、1月に発表した5000万ドルの調達完了にすぐ続けて、ヴァーレとエナジー・インパクト・パートナーズがシリーズB資金調達に参加したと発表しました。


ボストン・メタルのTadeu Carneiro会長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ボストン・メタルの使命は、排出ゼロ鉄鋼を世界規模で提供することです。鉄鉱石とクリーン電力がMOEプロセスに投入する主要な要素であり、当社の技術と戦略をデザインする上で大きな影響を与えます。私たちは、世界クラスの投資家・パートナー連合に、最大級の鉄鉱石企業の2社であるヴァーレやBHPと、エネルギー転換分野の大手投資企業であるエナジー・インパクト・パートナーズを迎えられて非常にうれしく思います。」

当社のシリーズBには、新規投資企業のBHPベンチャーズ、Piva Capital、デボンシャー・インベスターズ(フィデリティ・インベストメンツ親会社のFMR LLCの関連プライベート投資会社)と、既存投資企業のブレークスルー・エナジー・ベンチャーズ、プレリュード・ベンチャーズ、OGCIクライメート・インベストメンツ、The Engineが参加しています。このシリーズBにより、ボストン・メタルは、特許取得済みの不活性アノード技術の産業規模での検証、チームのさらなる拡大、溶融酸化物電気分解(MOE)プロセスの顧客への導入が可能になります。その手始めとして高価値の合金鉄生産を行い、鉄鋼への応用に進んでいきます。

ヴァーレのマーケティングディレクターのRogério Nogueira氏は、次のように述べています。「私たちはボストン・メタルへの投資に大いに期待しています。これは、脱炭素化ソリューションを提供するための革新的技術のポートフォリオを発展させる上で重要な足がかりです。」

エナジー・インパクト・パートナーズでパートナーを務めるShayle Kann氏は、次のように述べています。「豊富で求めやすい価格のクリーン電力は、将来のエネルギー供給の顕著な特徴となるでしょう。ボストン・メタルは、このマクロ現象を利用して、世界最大級の産業である鉄鋼製造に電化と革命をもたらす唯一の企業です。」

ボストン・メタルについて

ボストン・メタルは、特許技術である量産金属製造プラットフォームの溶融酸化物電気分解(MOE)を商業化する世界的な金属技術ソリューション企業です。MOEは金属業界に、多様な原料から多様な金属や合金を製造するための高効率・低コストでグリーンなソリューションをもたらします。ボストン・メタルは、個別の合金、原料、ビジネス・ニーズに合わせてMOE技術を調整するために顧客企業と密接に協力しています。ボストン・メタルの詳細については、www.bostonmetal.comをご覧ください。

ヴァーレについて

ブラジルのリオデジャネイロに本社を置き、5大陸で事業を展開するヴァーレは、時価総額で世界最大級の金属・鉱業企業であり、世界最大級の鉄鉱石・ニッケル生産企業となっています。また、鉄鉱石ペレット、マンガン鉱石、合金鉄、冶金用石炭・一般炭、銅、白金族金属(PGM)、金、銀、コバルトも生産しています。現在、5カ国でグリーンフィールド方式の鉱物探査を行っています。ヴァーレは、ブラジルと世界の他の地域で大規模な物流システムを運用しています。これには鉄道、海上ターミナル、港湾が含まれ、これらは採掘事業と統合されています。加えて、世界中の鉄鉱石配送をサポートする配送センターもあります。さらに、ヴァーレは直接的に、また関連会社や合弁事業を通じて、エネルギー・鉄鋼企業に投資しています。

エナジー・インパクト・パートナーズについて

エナジー・インパクト・パートナーズ(EIP)は、持続可能なエネルギーの未来への移行をリードする世界的な投資プラットフォームです。EIPは、起業家と世界で最も将来を見据えたエネルギー・産業企業を結束させて、革新を推進しています。15億ドル以上の資産を運用するEIPは、ベンチャー投資、成長投資、信用投資、インフラ投資の分野で世界的に投資しており、ニューヨーク、サンフランシスコ、パームビーチ、ロンドン、ケルン、間もなくオスロのオフィスを拠点とする45人以上の専門家チームを擁しています。EIPの詳細情報については、www.energyimpactpartners.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Adam Rauwerdink
adam@bostonmetal.com

情報提供元:
記事名:「ボストン・メタル、排出ゼロ鋼鉄を提供すべくシリーズBを拡大