韓国ソウル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ソウル市、プサン市、仁川国際空港、トルクメニスタン新都市などに採用された「デジタルツイン」の源泉技術を保有する韓国のPLUXITY社が、デジタルツインを基盤とする特殊な目的の場所用統合運営プラットフォームPLUG-airportを提供すると発表した。


3次元仮想化技術をリードするPLUXITY社は、当該技術を利用した統合管制用ソリューション「PLUG-airport」を開発した。当該「PLUG-airport」は3次元空間の情報を基盤としてCCTV、アクセス管理(access control)などの物理的なセキュリティシステムと照明、環境センサーなど管理のためのシステムを3Dマップで統合的にリアルタイムで管理することができるプラットフォームである。

空港や発電所などは管理ポイントが複雑であり、このようなスマートな統合管制ソリューションが必要である。空間の複合的情報を含めることができる3次元マップによってCCTV、電気安全システム、火災システムなどを直観的に確認すると同時に、発生するイシューにリアルタイムで対応することができる。

PLUXITY社の関係者は、「CCTVモニタリングシステムからより進歩して、3次元空間情報を積極的に活用することができるので、状況ごとに迅速で正確な対処が可能である」と述べ、「事業場の目的に適したオーダーメイド型プラットフォームとして開発され、活用度が増加しており、建物管理プラットフォーム産業がさらに大きくなるものと予想される」と表明した。


Contacts

PLUXITY
Jae-min Yoon, +82-2-332-9002
global@pluxity.com

情報提供元:
記事名:「PLUXITY社、空港・工場などをスマートに統合管理するPLUG-airportプラットフォームをリリース