米テキサス州リチャードソン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 4G/5Gネットワーク向けに業界で唯一のエンドツーエンド・ネットワーク・ソフトウエアを提供するマベニアは、ビシャント・ボラをグローバルカスタマーオペレーション&マネージドサービス担当プレジデントに任命したことを発表します。ボラはこの役職において、ネットワークデザイン、本格展開と導入、ソリューションとシステム・インテグレーション・サービス、マネージドサービス、関連する戦略的イニシアチブを含むマベニアの世界規模のエンドツーエンド事業活動を指揮します。


マベニアのパーディープ・コーリ社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ボラをマベニアに迎えることができてうれしく思っています。ボラは、大規模なモバイルネットワークの展開と管理を主導してきました。当社においてボラは、オペレーション事業を指揮することに重点を置くと同時に、当社のO-RANベースのエンドツーエンド・クラウドネイティブ・ネットワークの展開およびマネージドサービス事業の指揮と成長促進も担います。」

ボラは次のように述べています。「このように刺激的な時期にマベニアに加わることができて大変うれしく思っています。幅広いポートフォリオと革新的な技術を持つマベニアは、通信事業者による5Gの約束を実現する上で有利な立場にあります。この極めて重要な時期にマベニアの一員となることを楽しみにしています。」

ボラはボーダフォン・グループからマベニアに入社します。ボーダフォン・グループでは、インドのボーダフォン・アイデアの最高技術責任者(CTO)として、同社の技術的側面に絡む戦略、人材、予算、あらゆるデリバリーを担当していました。ボラは2017年のボーダフォンとアイデアの統合において、両社合併後の統合の舵取りを行い、事業変革によって5G対応のデジタル通信事業者にするなど、重要な役割を果たしました。

ボラは2020年11月16日付で、テキサス州リチャードソンにあるマベニアの本社を拠点に活動し、パーディープ・コーリ社長兼CEOに直属します。

マベニアについて:

マベニアは業界で唯一、エンドツーエンドのクラウドネイティブなネットワーク・ソフトウエアを提供する企業です。通信サービスプロバイダー(CSP)のソフトウエアネットワーク変革の推進と、ネットワーク経済のあり方の変革に傾注しており、ネットワーク・インフラス・スタックの全レイヤーを対象に包括的なエンドツーエンドの製品ポートフォリオを提供します。5Gアプリケーション/サービスレイヤーからパケットコア、RANまで、マベニアは進化したクラウドネイティブ・ネットワーキング・ソリューションによって、エンドユーザーにとって革新的でセキュアな体験を実現するための道を開きます。マベニアはVoLTE、VoWiFi、高度メッセージング(RCS)、マルチID、vEPC、仮想化RANにおいて他社に先駆けて達成した業界有数の成果を活用しながら、120カ国以上のCSP顧客250社以上を対象にネットワーク変革を推進しており、世界の加入者の50%以上に貢献しています。

当社は俊敏性・柔軟性・迅速性を促進するための破壊的で革新的な技術アーキテクチャーとビジネスモデルを取り入れています。NFVの発展を促進してウェブ スケールの経済を達成するソリューションにより、マベニアは経費削減・収益確保・収益保護の支援をCSPに提供します。詳細はmavenir.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT:


Contacts

Maryvonne Tubb
Mavenir
PR@mavenir.com

Loren Guertin
MatterNow
mavenir@matternow.com

Kevin Taylor
GlobalResultsPR
mavenir@globalresultspr.com

情報提供元:
記事名:「マベニアがビシャント・ボラをグローバルオペレーション&マネージドサービス担当プレジデントに任命