サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- アンダーセンは、世界のクライアントへのシームレスなサービス提供を絶えず強化しており、アンダーセン・グローバルの中東の提携事務所が今後「アンダーセン」ブランドで活動することにより、ブランド面でも同様の取り組みを推進します。この発表に先立ち、欧州と中南米の提携事務所は今年前半に「アンダーセン」ブランドを採用しています。

これまでエジプト、ヨルダン、クウェートで「アンダーセン・タックス」および「アンダーセン・タックス&リーガル」のブランドで活動してきたアンダーセン・グローバルの提携事務所は今後、共通ブランド「アンダーセン」に移行します。また、サウジアラビア王国のAlrikazが提携事務所としてアンダーセンに加わり、同事務所も「アンダーセン」ブランドを採用します。この地域での共通ブランドの採用は、中東の2カ国を含む16カ国での法律サービスなど、アンダーセンの提携事務所がクライアントに提供するグローバルなフルサービスを的確に反映したものです。

エジプト、ヨルダン、クウェート、サウジアラビアの提携事務所に加えて、アンダーセン・グローバルは中東のバーレーン、レバノン、オマーン、パレスチナ、カタール、アラブ首長国連邦でも協力事務所を通じてプレゼンスを持ち、将来の拡大計画もすでに確立されています。

アンダーセン・グローバル会長でアンダーセン最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは、次のように述べています。「グローバルな共通ブランドの採用は、私たちが1つの組織として歩んできた長い道のりと、今後の方向性を示しています。当組織は、シナジー効果が高くクラス最高の独立したサービスの世界的な基準を定める模範的な組織となるために力を尽くしています。当組織の共通ブランドは、世界中で提供されるシームレスなサービスと共通のコアバリューを表します。」

アンダーセンの世界的な基盤の源は、アーサー・アンダーセンの元パートナー23人が2002年に設立した税務専門の事務所WTAS LLCに遡ります。その後、2014年にアンダーセン・グローバル(旧称「WTAS Global」)が設立されました。同年、米国の創立提携事務所が「アンダーセン・タックス」ブランドを採用し、中南米、欧州、アフリカの提携事務所もこれに倣いました。2017年にはアンダーセン・タックスとアンダーセン・タックス&リーガルが中東に進出し、それ以来、当組織は同地域で20カ所以上の拠点、500人の税務・法律専門家、100人近くのパートナーを数えるまでに拡大しました。

中東地域共同マネジングディレクターのFouad Al Houraniは、次のように述べています。「中東は新興市場で、特に経済の多様化に重点が置かれていることから、税務業界が拡大しています。当組織は、税と法律を含む総合的なサービスをシームレスに提供することで、この地域で堅固な基礎を築き、競争力の高いプラットフォームを創り上げました。」

中東共同地域マネジングディレクターを務めるLena Hamdiは、次のように述べています。「当組織の提携事務所が提供するサービスにより、国境の枠を越えてクライアントのニーズに応えることが可能になります。共通のブランドは当組織にとって節目となるものです。この地域の発展における当組織の新たな段階を楽しみにしています。」

来年中にはアフリカ、カナダ、イスラエルの提携事務所が共通の「アンダーセン」ブランドを採用します。一方、アンダーセン・グローバルはカリブ、中南米、アフリカ、中東などの重要市場で綿密な拡大を継続します。

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家で構成される法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、提携事務所と協力事務所を通して世界の214カ所以上の拠点に6000人を超える専門家を擁しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Megan Tsuei
Andersen Global
415-764-2700

情報提供元:
記事名:「アンダーセンが中東の組織基盤を強化