米メリーランド州コロンビア--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- サイバー敵対者インテリジェンスの世界的リーダーのPrevailionは本日、最新の「セキュリティー運用および脅威インテリジェンスのクール・ベンダー」報告書で、ガートナーから「クール・ベンダー」として認められたと発表しました。


ガートナーの報告書は、「セキュリティーおよびリスク管理のリーダーが、最新のセキュリティー運用技術を必要とする新たな脅威を評価する際に検討すべき新興ベンダー」を分析しています。「セキュリティーおよびリスク管理のリーダーは、自社のIT環境の可視性を向上させ、セキュリティー態勢を強化しつつ、ビジネスリスクに基づいてセキュリティー管理のギャップや是正活動を優先するために役立つソリューションを求めている」と、ガートナーは記しています。さらに、「組織は資産や外部の脅威環境についての関連情報が不足しているため、脆弱性の優先処理ができず、脆弱性を緩和するのに苦労している」*と述べています。

活発な脅威や新たな脅威に対する可視性の欠如が組織のサイバーセキュリティーの大きな課題となっており、これがPrevailionの主要な注力対象です。世界規模の秘密センサー群を通じて、Prevailionは数十億のマルウェア通信を含む何千ものサイバー攻撃をリアルタイムでアクティブに監視し、企業が自社ネットワークの保護に使用できる敵対者インテリジェンスを、かつてないレベルで提供しています。

Prevailionの創業者で最高経営責任者(CEO)のKarim Hijaziは、次のように語っています。「ガートナーに選ばれたことを光栄に思います。これは、当社プラットフォームの背後にある中核技術と、当社チームの努力や献身が評価されたのだと考えます。Prevailionは、企業のネットワークと最も緊密なパートナーのネットワークを狙う攻撃者をより詳細に把握できるように企業を支援して、脅威インテリジェンス分野で新たな道を切り拓いてきました。当社は、攻撃者自身のインフラストラクチャーを追跡するため、犯罪者と国家が支援するハッカーの悪質な活動や標的リストに関する今までにない洞察を企業に提供できます。これにより企業のセキュリティー・チームは、ノイズやエラーが発生しやすいセキュリティー通知や漠然としたリスク・スコアカードに頼る代わりに、確認された攻撃に直ちに注力して、脅威の優先処理を向上させることができます。」

サイバー脅威活動に関する特別な洞察

Prevailionは現在、上場企業とそのサプライチェーンのパートナー企業から、政府、大学、NGOに至るまで、世界中の侵害された組織を2万8000以上、追跡しています。Prevailionが観測したサイバー侵害の多くは、検出されなかったり、被害を受けた組織が報告していないものです。

Prevailion独自のインテリジェンスは、フォーチュン500企業の22%が、犯罪者もしくは国家関連のハッカーによる侵害に遭っているか、最近侵害されたことを示しています。これにはソフトウエア企業の79%、製薬企業の64%が含まれており、最近のサイバー活動に基づくと、最も攻撃対象になっている業界です。

Prevailion独自のサイバーインテリジェンス機能により、影響を受けている企業からのアクセスや確認がなくても、企業ネットワーク内で進行中の侵害を検出できます。それを行うために、Prevailionのインテリジェンス・チームは犯罪者のネットワークを対象に、ハッカーの「コマンド&コントロール」サーバーと、ハッカーが展開したマルウエア間の通信を傍受します。犯罪者の活動を盗み聞きできるこの能力により、Prevailionは世界中で繰り広げられているリアルタイムのハッキング活動に関する洞察を大幅に強化できます。また、新たな攻撃を事前に予測できるようになります。

PrevailionのAPEXプラットフォームは、報告されない何千もの企業の侵害に関する信頼できる情報源として、新たな侵害、深刻化する侵害活動、企業による是正の取り組みについて、詳細情報を24時間体制で提供します。

*ガートナー「セキュリティー運用および脅威インテリジェンスのクール・ベンダー」、Mitchell Schneider、Ruggero Contu、John Watts、Craig Lawson、2020年10月13日

ガートナーの免責事項

ガートナーは、当社のリサーチ発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価やその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナーのリサーチ発行物は、ガートナーのリサーチ組織の意見によって構成されており、事実の言明であると理解すべきではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

PREVAILION について

侵害インテリジェンス企業のPrevailionは、リスク緩和と業務上の意思決定に対する組織のアプローチを変革しています。新次元のカスタマイズされたインテリジェンスとゼロタッチのプラットフォームを通じて、Prevailionは確認された「侵害の証拠」(EOC)の全体像を、顧客とそのエコシステムのパートナーに提供しています。Prevailionの詳細については、www.prevailion.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Michael Sias
inquiry@firm19.com
954-361-3963

情報提供元:
記事名:「Prevailionがガートナーのセキュリティー運用および脅威インテリジェンスの2020年「クール・ベンダー」に認められる