提携は、スムーズなアクセスと取引を約束することで、顧客忠誠心を強化し、収益を押し上げ


アトランタ & 南ア・ケープタウン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- デバイスアイデンティティーとオムニチャネル認証のリーダー企業であるエンターセクトは本日、マスターカード傘下のNuData Securityとの提携について発表しました。この契約により、フィンテック企業の当社はNuDataの行動分析ソリューションであるNuDetectをエンターセクト・セキュア・プラットフォーム(Entersekt Secure Platform)と緊密に統合することができます。

NuDetectは、デバイスデータと行動データを活用して、正規ユーザーと高リスクユーザーをリアルタイムで区別します。そうすることで、本物のアカウント保有者がセキュリティー障壁に邪魔されずに取引できます。より高い確実性が必要な場合は、ステップアップ認証プロセスがトリガーされます。後者は、アプリ内のプッシュプロンプト、FIDO認定のセキュリティーキー、エンターセクトから入手可能な数多くのオプションのいずれかの形式が可能です。

エンターセクト・セキュア・プラットフォームは、複数の特許を取得した顧客認証/エンドポイントセキュリティー技術を基盤としており、革新的な新しいデジタルバンキングと決済のサービスを迅速に導入するためのセキュアな基盤となります。本システムの中心にあるのはデジタル証明書ベースのコンシューマーデバイスIDであり、モバイルアプリとデスクトップブラウザーを規制に準拠した認証の第2要素へとシームレスに転換します。

エンターセクトの最高戦略責任者(CSO)であるDewald Nolteは、次のように述べています。「NuDetectは、エンターセクトの強力なデバイスIDを内在的要素で補完して、人をデバイスへとシームレスに結び付け、規制に準拠した当社の強力な認証スイートに新しい次元をもたらすものです。両社の有力技術を組み合わせることで、ユーザーがオンライン、ウェブ、モバイルでやり取りする際の手間や滞りをなくすための新しい方法を切り開くことができます。この組み合わせは、使いやすさとセキュリティーにおいて市場で類例がないようなものであり、デジタル世界における安全性と使いやすさを向上させるという当社の使命に向けて、もう1つの素晴らしい飛躍となります。」

NuData Securityのシニアバイスプレジデントを務めるミシェル・ハフナー氏は、次のように述べています。「COVID-19の世界的流行病により、多くの消費者が今年の上半期に以前にも増してオンラインショッピングに移行しました。当社のアナリストは、この期間中にアカウント作成詐欺だけで500%増を確認しており、有効なユーザーと厄介者を区別する最先端技術を活用する必要性が高まっています1。エンターセクト・セキュア・プラットフォームに行動分析機能を追加することで、追加の保護レイヤーを提供すると同時に、手間や滞りを減らして顧客体験を改善できます。」

NuDetectは、ユーザージャーニー全体(ログイン、アカウント作成、オンラインチェックアウトなど)で手間や滞りを最小化し、適正ユーザーを正確に検証することに貢献します。この機能は、カードブランドの企業に関係なく、エンターセクト・セキュア・プラットフォームを使用しているすべての機関で利用できます。

エンターセクトについて
エンターセクトは、強力なデバイスアイデンティテイー/顧客認証ソフトウエアを提供する一流企業です。世界中の国々の金融機関やその他の大企業が、複数の特許を取得した当社の技術に依拠して、使用中のチャネルやデバイスに関係なく、クライアントとの通信をセキュアに行い、不正行為からクライアントを保護し、便利な新体験をクライアントに提供しています。お客さまは再三にわたりエンターセクト・セキュア・プラットフォームを信頼して、自信を持って規制順守義務を果たしながら、採用を促進し、エンゲージメントを深め、成長機会を切り開くことに役立ててきました。

1 NuData, 2020

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Entersekt
Heather Thompson
SVP marketing and communications
+27 21 815 2800

情報提供元:
記事名:「エンターセクトがNuData Securityとリアルタイムリスク評価のための行動分析機能を本格展開