『デザイントースト』実務10年以上の現役デザイナーが教える、ビジネスに貢献できるデザイナー育成コースが11月25日より開講! ~6ヵ月短期集中+オンラインで実務スキルをつける!~

デザイントースト受講生とメンター講師
基礎・応用カリキュラム
ビジネス戦略を意識した課題制作プロセス
アクティブで実践的な学び
オンラインデザインスクール デザイントースト(DesignToast)は、2022年11月25日(金)より、ビジネス提案する次世代デザイナー育成する、「新・グループコース」と「1on1コース」を募集開始します。
今回は新規開講キャンペーンとして、グループ6ヵ月コースを655,000円+税(第9期:1月)にてご提供いたします。
画像1:
https://www.atpress.ne.jp/releases/331539/LL_img_331539_1.png
デザイントースト受講生とメンター講師
受講生個人にあった最適なタイミングで、入会できるように
デザイントーストはこれまで、200人以上の受講生を見てきました。
既存のグループコースでは少人数を対象にレッスンを行っておりましたが、グループレッスンでは「もっと1対1で講師に質問したい」という方、海外在住の方、産休・育児中のスキマ時間に学びたいという方々の声がありました。
「その人のタイミングで、その人に合う最適なアドバイスはできないか?」
そういった思いから、デザイントーストは家庭教師や、常に横にいる先輩のように、一人ひとりのペースに更に寄り添えるよう、既存グループコース内容を大幅改善し、新規オンライン講座のご提供を開始しました。
□「1on1コース」(通年実施)
新規開講。講師をマンツーマンレッスンで独り占めできる懇切丁寧コース。
・1on1(3か月)基礎または応用のみ
・1on1(6ヵ月)基礎+応用
□新「グループコース」(3ヵ月に1度開講)
テキストでの添削フィードバックが主だった以前に比べ、講師と1対1オンラインで直接話せる機会を大幅に増やした、満足度が大変高い充実コース
・グループ(3か月)応用のみ・プループ(6ヵ月)基礎+応用
画像2:
https://www.atpress.ne.jp/releases/331539/LL_img_331539_2.jpg
基礎・応用カリキュラム
■今、ビジネス課題を解決するデザイン力が求められている
近年はデジタル化が進み、かつての既存事業が通用しない「先の見えない不確実な経済・社会情勢(VUCA)の時代」と言われています。
日本では少子高齢化の影響を受けて「人口減少社会※1」も重要な課題となっており、労働人口の減少が進んでいます。
効率化や働き方改革だけでは需要喚起が難しく、ビジネスの課題解決としてのデザイン力が必要とされています。
デザインというと、プロダクトや販促・ポスターなど装飾のデザインをイメージする人も多いでしょう。
今、ブランディングなどのデザインを通じた課題解決の必要性を感じている企業経営者が多く、論理的思考や戦略立案だけでなく、デザイナーが得意とする人の心を動かす創造力が求められています。
※経済産業省と特許庁が2018年に発表した政策提言「『デザイン経営』宣言」で、「デザイン経営」は、ブランドとイノベーションを通じて、企業の産業競争力の向上に寄与する」と書かれています。
※1 人口減少社会 - 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/15/dl/1-01.pdf
画像3:
https://www.atpress.ne.jp/releases/331539/LL_img_331539_3.jpg
ビジネス戦略を意識した課題制作プロセス
デザイントーストを始めた理由
【労働環境・デザイナーの価値の現状】
創業者の堀本は、デザイン業界で大手広告代理店に関わる企画デザインを行ってきました。
長時間労働などで技術のある人材が突然退職したり、産休後に重要な仕事や会議から外されて会社で立場をなくしたり、労働環境の厳しい現実を目の当たりにしました。
「価値を軽く扱われ消耗し自信をなくしたり、デザインに希望を持てなくなり辞めてしまう人。そのようなデザイン人材を減らし、デザイナーとして裏付けされた自信を持ち、長期的に幸せに生活するデザイナーを増やしたい。」
そのためにデザイナー志望者が学ぶべきは、見た目を綺麗に飾る技術だけでなく、戦略・ブランド価値を作る企画力、それに適したビジュアルを選ぶ技術です。
加えて、マスメディア広告に関わることからも、日本が今後国際化する環境の中で、マイノリティや多様性への理解などの、世界基準のリスク管理(コンプライアンス、社会性配慮の表現)の知識も必須です。
以上の理由から、次世代型デザイナーとして必要な力を伝えたいと考え、デザインスクールをはじめました。
【ビジネスに貢献できる「デザイナー」を増やすために】
6カ月間のカリキュラムを通じて、ビジネスの場で能動的に提案するプロフェッショナル人材を育成し、企業の成長を後押ししたい。
ビジネス視点を持ったデザイナーが活躍することで、デザインが本来のビジネス課題を解決し、後押しする大きな一手になれます。
ビジネスの上流工程からデザイナーが積極的に関わることで、より豊かな社会になっていくと考えました。
■【特色1】何もない状態から作る、自ら考え解決する力を育てる独自カリキュラム
デザイントーストで行う全ての課題制作のゴールは、独り立ちできる力をつけること。「作って終わり」ではなく「作った後どうしたいか」を考え制作します。
素材等の用意何もないな状態から、自力で考え動き解決する力・自信のデザインをストーリー化として説明する力を育てます。
課題は、実務でクライアントからヒアリング~提案までのプロセスを意識し、ソフトの使い方・データの保存方法・思考プロセスまで、様々な分野の講師陣から意見を聞くことができます。
競合分析やターゲット設定を行い、課題解決を意識した上で適切なデザインを制作するクセをつけることで、ビジネス戦略に必要なデザインを自然と考えられます。
画像4:
https://www.atpress.ne.jp/releases/331539/LL_img_331539_4.jpg
アクティブで実践的な学び
■【特色2】少人数制で直接指導。多様な講師陣だから、多様な受講生に対応できる
講師陣はデザイン実務経験が平均8年以上の現役デザイナー。就職・フリーランス・海外転職など多様なバックグラウンドを持っています。そのため、多様な受講生の目的に合わせて適切なアドバイスが可能。
また、デザイン分野においても、Web・グラフィック・SNS発信等、各プロフェッショナルが揃っているため、受講生の伸ばしたい分野を見てもらうことができます。
少人数で、直接指導が可能な範囲しか受講生を受け入れないことから、受講生の目標や特性に合わせたフィードバックが可能に。受講生の数を制限するからこそ、提供できるクオリティを妥協せず保てています。
画像5:
https://www.atpress.ne.jp/releases/331539/LL_img_331539_5.png
他校デザインスクールとの違い
■講座概要「デザインマスターコース」
〇グループコース/カリキュラムの基礎の課題例(オンラインレッスン)
第1回:オリエンテーション・環境設定
第2回:Illustrator I 「Adobe操作トレーニング」
第3回:Illustrator II 「保育園Webサイト」
第4回:Illustrator III 「手書き文字のデザイン」「陶芸広告」
第5回:Illustrator IIII 「ギャラリーショップカード」
第6回:Photoshop I 「スマートフォン商品画像」「サムネイル画像リニューアル」
第7回:Photoshop II 「Photoshop画像合成」
第8回:Webデザイン 模擬クライアントワーク 「美容エステサロンのバナー」
第9回:グラフィックデザイン 模擬クライアントワーク 「カフェのフライヤー」
第10回:Adobe XD I 「Webサイトワイヤーフレーム」
第11回:Adobe XD II 「Webサイトの会員登録のフォームUI」
第12回:基礎修了制作 「採用サイトのプラン提案・制作」
※内容は予告なく変更する場合がございます。
受講料:当グループコース全24回(第9期:2024年1月開講)を、キャンペーン価格655,000円+税にてご提供いたします。
対象者:Webデザイナー・グラフィックデザイナーとして就業したい人
▼講座の詳細・お申し込みはこちら
https://www.designtoastschool.com/designmaster
▼こんな人におすすめ
デザイン未経験者の方】
・Webデザイン、グラフィックデザイン、UIデザインなど、総合的に学びたい
・プログラミングより、ファッション性のあるデザインをメインの仕事にしていきたい
・将来的にプロのデザイナーになるための、キャリアのスタート地点に立ちたい
・地方・海外など場所に関係なく、オンラインでプロから直接学びたい
・出産育児中もキャリアを積みたい、又は、将来的に出産育児を見据え、在宅で働けるスキルを身に着けたい
デザイン経験者の方】
・Webディレクターやエンジニアとして活動してきたが、デザイン制作も行いたい
・インハウスデザイナーで、今のデザイン手法を見直したい
・社会的悪影響/炎上のない広告表現や、多様性や差別につながらない表現を知りたい
画像6:
https://www.atpress.ne.jp/releases/331539/LL_img_331539_6.png
受講生(未経験者)の声
■各ジャンルのプロ講師が揃う現役デザイナーが直接指導
全現役デザイナー講師の実務経験は平均9年以上。
海外在住者の講師も多く、世界基準のデザイン事例も知ることができます。
■講師
〇 堀本 あや
(デザイントースト創業者 グラフィック/Web/ブランドデザイナー)
武蔵野美術大学卒業後、大手広告代理店業務に携わる。オーストラリアでデザインチームPolittleDesign(ポリトルデザイン)設立。その後シンガポール・台湾・NY等のクリエイティブ企画に広く参画。
〇 久保田 伸江
(グラフィックデザイナー)※canva公式クリエイター
日本デザイナー学院九州校卒業。制作会社、化粧品、旅行代理店にてデザイン・販促ディレクションを担当。
〇 バレット まな
(Webディレクター・Web/グラフィックデザイナー)
Webディレクター歴10年以上。スイスで日本の企業から仕事を請け負う、完全オンライン勤務の在宅フリーランスデザイナー(デザイントースト 一期生)
〇 宮本 未来
(グラフィックデザイナー・Webデザイナー)
Webデザイナー・ディレクター15年以上。デザインの現場や制作に携わる。現在はフリーランスママデザイナーとして活動中。
〇 岡 美佳
(グラフィックデザイナー・Webデザイナー)
オーストラリア在住のWeb&グラフィックデザイナー。現地の専門学校でデザインを学んだ後に日本語情報誌の立ち上げ、各種グラフィックデザインやWebサイトのデザイン・コーディングを経験。
〇 木之下 信子
(Webデザイナー)
インハウス・フリーランスのデザイナー。アパレルメーカのデザイナー歴約8年、2020年のコロナ禍を機に転職と同時にデザイントーストのレッスンメンター+フリーランスでデザイン制作。
〇 小杉 綾子
(グラフィックデザイナー)
多摩美術大学卒業後、印刷会社でデザイナーとして7年勤務。
2020年からフリーランスとして活動中。
■概要
代表者名: PolittleDesign(ポリトルデザイン) 堀本 あや
所在地 : 〒107-0062 東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山
事業内容: デザインスクール
URL :
https://www.designtoastschool.com/

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...