どこでも発熱外来屋外用


どこでも発熱外来ドライブスルータイプ


有功社シトー貿易株式会社 (本社:東京都北区、代表取締役:谷口有三)は、新型コロナウイルス・インフルエンザウイルス等の飛沫感染対策用として、段ボール製簡易型診療ブース『どこでも発熱外来』を昨年より全国の病院・クリニック等へ5タイプを販売したが、新たに屋外での使用を想定した2種類のタイプを2021年2月より販売開始した。


『どこでも発熱外来』は、発熱外来患者の診察およびPCR検査受診者向けの取り組みとして、発売当初から多くの医療機関および保健所から空間的・時間的に分けるゾーニングなど十分な感染予防対策が簡単、低コストに設置できる点など評価されている。
こうしたなか、医療関係者より、屋外での使用およびドライブスルータイプの要望が寄せられた。天候に左右されず、極めて軽量な、樹脂製段ボールを使用し、なかでも4層構造のポリプロピレン(PP)製の中空構造シート「ツインコーン」を採用している。ドライブスルータイプは、セダン、ワンボックスカー等の車高に対応可能。
組み立てが容易で、設置に約5分、解体に約3分と時間も作業場所を取らない。
また、医院・クリニックの設置場所に応じてカスタマイズすることも同社では応じている。


画像 : https://newscast.jp/attachments/ldtliE4ZHfKoMWDTQ37d.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/FPTpgfXZJ2656q4tGbRF.jpg


■どこでも発熱外来の特長
・発熱や新型コロナウイルスおよび他の感染症(インフルエンザ、マイコプラズマ、溶連菌)等の感染者から二次感染防止
・通常患者と発熱患者の時間的・空間的ゾーニングが可能
・組立て式のため工具は不要
・医師と患者は直接触れることなく隔離できる(患者側から医療者側への感染を防ぐ)
・備え付けの手袋で触診可能
・聴診器孔も設置
・アルコール消毒可能
・医療従事者が毎回防護服に着替える必要が無いため、高温下での作業負担軽減


画像 : https://newscast.jp/attachments/OheB3itC5J1qXMaY4mIr.jpg
どこでも発熱外来屋外用


■どこでも発熱外来
名称 : どこでも発熱外来屋外用
金額 : 10万2,000円(税抜・送料込)
サイズ:幅80㎝×奥行86㎝×
高さ170㎝
材質 :PP、ミルク段ボール、アクリル板、板紙


画像 : https://newscast.jp/attachments/ud1xduh9oP6Y8Fqb24Zb.jpg
どこでも発熱外来ドライブスルータイプ


■どこでも発熱外来
名称 : どこでも発熱外来ドライブスルータイプ
金額 : 10万0,000円(税抜・送料込)
サイズ:幅90㎝×奥行90㎝×高さ180㎝
材質 :PP、ミルク段ボール、アクリル板、板紙


有功社シトー貿易 : https://www.yct.co.jp/


情報提供元:@Press
記事名:「【どこでも発熱外来に新ラインナップ登場!飛沫感染予防対策段ボール製診療ブース】