左:新商品「刻の調べ」セット、右:11月16日に都内で開かれた記者会見の様子


新商品「刻の調べ」セット1


11月16日に都内で開かれた記者会見の様子


月の桂

熟成酒の文化を再興し、世界に通じる日本酒の価値を確立し、一層高めることを目的に2019年8月に設立された一般社団法人 刻SAKE(ときさけ)協会(所在地:京都府、代表理事:増田徳兵衞)は、協会発足記念として日本酒史上初の高額商品「刻の調べ」を20セット限定で税込202万円で新発売致します。

協会の設立メンバーである7つの蔵からそれぞれ商品化された秘蔵酒7本に、それら7酒を世界的ソムリエ・田崎真也氏により特別アッサンブラージュ(ブレンド)された超貴重な1本を加えて、8本セットで限定販売。熟成によって角が取れて厚みと優しさが増した日本酒は、味わい深い芳醇な香りと永い余韻、懐の深い個性溢れる魅力を静かに放っています。長い年月が刻まれた逸品が集結した超豪華な新商品を国内外に向けてリリースすることで、日本酒のさらなる価値創造に貢献して参ります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/236168/LL_img_236168_1.png
左:新商品「刻の調べ」セット、右:11月16日に都内で開かれた記者会見の様子

https://www.atpress.ne.jp/releases/236168/img_236168_1.png
▲左:新商品「刻の調べ」セット、右:11月16日に都内で開かれた記者会見の様子


【新商品概要】
商品名 :【特別限定】刻SAKE(ときさけ)協会発足記念「刻の調べ」熟成酒8本セット
価格 :税込202万円(720ml×4本入化粧箱2段・蓋付)
予約受付期間:11月24日(火)~12月5日(土)
予約受付方法:秘蔵酒.com( https://shusaron-online.com/shopdetail/000000000042/ )にて予約申込受付。

https://www.atpress.ne.jp/releases/236168/img_236168_14.jpg
▲新商品「刻の調べ」セット


刻SAKE協会の蔵元7社限定秘蔵酒と世界的ソムリエ・田崎真也氏特別アッサンブラージュ作品集。秘蔵熟成酒、至宝8本(720ml)セットは20セット限定で販売。予約申込が20件を超えた場合は抽選となります。化粧箱は指物師・吉澤良一氏によるオリジナル作品で、「酒を醸す時に外されてしまう米のもみ殻を使い、その刻を包みかえすこと、日本の伝統的な重箱のカタチを踏まえて漆で仕上げたもの」(吉澤氏)。


【限定発売の酒8本】
・株式会社増田徳兵衞商店/京都府 「月の桂」1999年仕込み
https://www.atpress.ne.jp/releases/236168/img_236168_4.jpg
蔵に眠る古書「本朝食鑑」(1697年刊)古酒の教えから、特別にあつらえた磁器の甕に眠らせています。古来英知の集大成、天の妖精が醸すエリクシール、神の杯をご堪能ください。

・黒龍酒造株式会社/福井県 黒龍「無二」 純米大吟醸 原酒 1996年仕込み
https://www.atpress.ne.jp/releases/236168/img_236168_5.jpg
時の経過と共に価値を生み出す洋酒同様、和酒に秘められた熟成の魅力が「無二」にはあります。唯一の価値へ、評価は高まるでしょう。

・出羽桜酒造株式会社/山形県 「出羽桜 大吟醸大古酒 冷温 熟成」1990・1986年仕込み
https://www.atpress.ne.jp/releases/236168/img_236168_6.jpg
蔵人が英智を尽くし仕込む鑑評会用の大吟醸を-5℃で冷温熟成。時代を駆け抜けた20年、30年熟成酒をブレンド。目指すは「美しき熟成」

・株式会社南部美人/岩手県 「南部美人 オールコージ」純米 1998年仕込み
https://www.atpress.ne.jp/releases/236168/img_236168_7.jpg
熟成酒への取り組みは5代目から始まりました。世界で通用する日本酒になるため「熟成」が必要。この思いでAll Kojiは誕生しました。

・株式会社島崎酒造/栃木県 「東力士 熟露枯」大吟醸 原酒 1987年仕込み
https://www.atpress.ne.jp/releases/236168/img_236168_8.jpg
先人達の想いと大地からの恩恵を受ける熟成庫、それらが刻の力を借りて世界に誇れる熟成酒へ。熟成する変化の醍醐味です。

・永井酒造株式会社/群馬県 「水芭蕉 雫大吟醸 氷温熟成」2003年仕込み
https://www.atpress.ne.jp/releases/236168/img_236168_9.jpg
1995年から世界に通用するビンテージ酒の研究を開始して以来、-3~-5℃での環境下で厳選した酒飲み貯蔵しております。刻のみが表現できる濃醇で複雑、繊細かつ優雅な味を追求し続けます。

・木戸泉酒造株式会社/千葉県 「木戸泉 アフス」高温山廃純米 1984年仕込み
https://www.atpress.ne.jp/releases/236168/img_236168_10.jpg
ようやく価値として認められてきた熟成日本酒は、世界に誇る文化であり資産。AFSの健康で個性溢れる自然な味わいは、酒の幅を広げ可能性に満ちていると確信しています。

・田崎真也氏アッサンブラージュ作品「刻の調べ」
https://www.atpress.ne.jp/releases/236168/img_236168_15.png
田崎真也氏による見事な調合で、7本の酒がハーモニーする1本に。
「熟成により味・香りが変化する、変化させて行く、このことが面白い。ワイン文化の欧米で日本酒を飲み始めた人には、同じ醸造酒で古酒の良さを感じている人達が非常に多い。私の友人達に日本酒を紹介すると、熟成酒が皆に喜ばれる。これから新しいファンが増えて行くことは間違いない」(田崎氏)


<協会設立の想い>
欧州など成熟した文化圏には必ず熟成のお酒がございます。刻(とき)が醸成する深い味わい、“刻SAKE”を通じて奥行きのあるお酒の新しい楽しさを皆様にお伝えして参ります。近年、海外でも多くの方々に楽しまれている日本酒ですが、当協会を通じ「日本にはもっと奥深い、熟成した日本酒が隠されている」とその価値を新たに発見していただけるような活動をして参ります。


刻SAKE協会 公式ホームページ: https://tokisake.or.jp/

https://www.atpress.ne.jp/releases/236168/img_236168_16.jpg
▲日本文化に精通しているロバート キャンベル氏も刻SAKE協会の活動に期待を寄せる

情報提供元:@Press
記事名:「熟成プレミアム日本酒が8本セットで202万円!田崎真也氏ブレンド酒も 世界に向けて熟成日本酒の価値を創造する「刻SAKE協会」が11月24日(火)~予約受付開始